Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

アルバス・セブルス・ポッター (2006年頃生まれ)は半純血の魔法使いで、ハリージニー夫妻の次男。ダンブルドアスネイプから名前をとった。兄のジェームズ・シリウス・ポッターに「スリザリンに組分けされるんじゃないか」とからかわれていることもあり、本当に組分けされたらどうしようという不安に駆られていた。そして入学式の組分けで、アルバスはスリザリンに組分けされる。その後も飛行訓練で自分だけうまく行かなかったりと、劣等感に苛まれるなか、母を病気で亡くし失意に暮れていたスコーピウスと親友になった。

経歴

幼少期

アルバスは家族と2014年に開かれたクィディッチワールドカップを観戦した。

アルバス・セブルス・ポッターは2006年頃に生まれた。ハリージニーの次男である。名前はアルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに敬意を表して付けられた。名付け親はネビル・ロングボトムでだった。

2014年、アルバスは家族と共に第427回クィディッチワールドカップを観戦した。彼と兄ジェームズビクトール・クラムに紹介された。決勝戦でアルバスはブラジルを応援したが、家族はブルガリアを応援した。

ホグワーツ在学中(2017-?)

1年目

2017年、アルバスはホグワーツ魔法魔術学校に入学する年齢になった。彼はホグワーツ特急に乗る前に、スリザリンに組分けされたらどうしようかと不安に思っていた。

ホグワーツ特急が出発するとアルバスといとこローズは客車の中を歩き回り、空いている席がないか探した。そこで彼はスコーピウス・マルフォイを見つけ、自己紹介した。ローズは他の空き部屋を見つけるため去った。 アルバスとスコーピウスは部屋でお菓子を食べながらホグワーツでの生活や物語を共有し、友情を深めていった。

ホグワーツ城到着後、アルバスは組分け儀式でスリザリンに組分けされた。ポッター家の中で唯一スリザリン寮だったアルバスは周りの学生から嘲笑を受けた。彼は魔法薬学飛行訓練で十分に力が発揮できず、「スリザリンのスクイブ」とからかわれた。

学校生活を通して、父親の子供であるという重荷に苦しまれ、ハリーの子供として期待に答えようと苦心した。彼はからかいに耐え、スコーピウスと友達になるが、いとこローズは2年目にグリフィンドールのクィディッチチームチェイサーとして人気になった。

入学して間もない頃のアルバス

2年目

プラットホームで他の家族と離れて立つアルバス

アルバスは1年目でも苦労があってか、学校に行く前に父ハリーにプラットホームで1人になりたいと語った。ハリーはこの苦労の原因をスコーピウスにあると考え、アルバスにスコーピウスと関わらないようにすべきと話した。しかし、アルバスはこれを拒否。親友をやめることは出来なかった。

3年目

アルバスは3年目にプラットホームで父が書いたホグズミードの外出許可証を燃やし、ホグズミードに行くつもりはないと語った。彼は父ハリーを置いてスコーピウスの元に向かったが、そこで、スコーピウスの母が亡くなったことを知った。

4年目

性格と特徴

アルバスは思いやりのある少年だった。彼は兄弟妹の中で最も父ハリーに性格に最も近い人物であり、かつて父がスリザリンに組分けされるという恐怖心をそのまま受け継いだ。ハリーにはスリザリンの素質があったためである。アルバスは父とは異なり、グリフィンドールではなく、スリザリンに組分けされた。

アルバスは兄弟の中で最も父と密接な関係を持った人物だった。と同時に彼は父の名声と栄誉に常に苦しめられた。ホグワーツ在学中、彼は父親との差異故にクラスメートからいじめられることもあった。しかし、アルバスはいじめに反応することなく、あえて無視することによって自分自身を守っていたのである。

また、アルバスはユーモアを交えることがあり、皮肉まじりに受け答えすることがあった。特にスコーピウス・マルフォイと一緒にいるときは一段とユーモアを交えていた。

魔法能力と技術

アルバスは幼少期に基本的は魔法ですら習得するのに苦労しており、1年目の飛行訓練の授業ではクラスで唯一箒を上げることが出来なかった。しかし、デルフィーニは彼の才能と可能性を感じ、才能がないのではなく、遅咲きであると語った。また、アルバスには秘めたる魔法能力はあったが、ハリー・ポッターの息子であることのプレッシャーと彼に寄せられる期待感は彼の意欲を低下させる十分な要素になった。

  • 呪文学:アルバスは基本的な呪文を唱えることができた。

舞台裏

登場作品

Advertisement