アルバス・セブルス・ポッターは半純血の魔法使いで、ハリージニー夫妻の次男。ダンブルドアスネイプから名前をとった。兄のジェームズ・シリウス・ポッターに「スリザリンに組分けされるんじゃないか」とからかわれていることもあり、本当に組分けされたらどうしようという不安に駆られていた。そして入学式の組分けで、アルバスはスリザリンに組分けされる。その後も飛行訓練で自分だけうまく行かなかったりと、劣等感に苛まれるなか、母を病気で亡くし失意に暮れていたスコーピウスと親友になる。


アルバスの冒険

あらゆる場面で、「アルバス・セブルス・ポッター」である前に、「ハリー・ポッターの息子さん」と扱われるのです。ホグズミード行き許可証を焼き捨てたのも、スコーピウス以外に友達がいないからです。そうしたアルバスが、スコーピウスとともに逆転時計を使った冒険に行くときの輝きは、どこか若き日のダンブルドアが、グリンデルバルドと意気投合し、「死の秘宝」を求めていた「愚かしくも残酷な夢」という言葉を思い起こさせます】。ハリーもアルバスも、お互いを愛していました。生まれ育った環境があまりにも違い、お互いに頑固で愛情表現に不器用ところもあって苦悩しています。

アルバス rogo.png

アルバスに対するハリーの言葉

「親に育ててもらったことのない人物が親になった場合、子どもにどう接していいか分からない」という俗説を、アルバスに対するハリーの以下の言葉が証明しているようでした。

アルバス「ちがう! ただ、僕の父さんじゃなかったらいいのに」 ハリー「そうか。私も、おまえが息子じゃなかったらいいのにと思うことがある」しんと静かになる。アルバスは黙ってうなずく。ハリーは自分が口にした言葉の意味に気付く

この言葉を聞いてアルバスは父親に幻滅します。ルーピンダンブルドアなど、「遠くから見たときには憧れていた方だったのに、近くで見たらガッカリ」という描写が過去シリーズにいくつかありますが、ハリーも例外ではなかったようです

Sasa.png

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。