Fandom


アレクト・カローとは、死喰い人の一人で、アミカス・カローの妹でる。第一次魔法戦争で兄と共に戦った。二人は没落後にヴォルデモート卿の捜索には参加しなかったが、1995年ヴォルデモート卿が復活のあとで赦免され第二次魔法戦争で死喰い人として参戦した。

魔法省の陥落後、ホグワーツ魔法魔術学校マグル学の教授に就任。授業ではマグル魔法族より劣っていると教え、純血が一番であると考えていた。アミカス・カローと共にホグワーツ魔法魔術学校副校長を務めた。反抗的な生徒には体罰を与えていた。

ホグワーツの戦いの直前である1998年5月1日ヴォルデモート卿を呼び寄せようとしたときにルーナ・ラブグッド失神呪文によって気絶させられた。ミネルバ・マクゴナガルによって兄アミカス・カローと共に縄に縛られた。戦いの後に一緒にアズカバンに送られたと思われる。

登場作品

脚注

  1. ハリー・ポッターと謎のプリンス』第2章 スピナーズ・エンド - "“You ask why I did not attempt to find him when he vanished. For the same reason that Avery, Yaxley, the Carrows, Greyback, Lucius” — he inclined his head slightly to Narcissa — “and many others did not attempt to find him." The Carrows must have been alive when Voldemort vanished.
  2. Writing by J.K. Rowling: "Pure-Blood" - Pottermore lists the Carrow family as having been pure-blood in the 1930s, meaning they had no known Muggles or Muggle-borns in their family tree; however, like the pure-blood Malfoys, she may have been "one of many half-bloods" on the family tree. See Writing by J.K. Rowling: "The Malfoy Family" - Pottermore
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 ハリー・ポッターと死の秘宝』第12章 魔法は力なり
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 ハリー・ポッターと謎のプリンス』第27章 稲妻に撃たれた塔
  5. 5.0 5.1 ハリー・ポッターと謎のプリンス (映画)
  6. ハリー・ポッターと死の秘宝』第30章 セブルス・スネイプ去る
  7. See this interview; "Samantha: Was snape the only death eater who could produce a full patronus J.K. Rowling: Yes, because a Patronus is used against things that the Death Eaters generally generate, or fight alongside. They would not need Patronuses."
  8. ハリー・ポッターと死の秘宝』第28章 鏡の片割れ
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。