Fandom


アンドロメダ・トンクス(旧姓ブラック)(1951年1955年の間に誕生)とは、ドロメダ(Dromeda)という愛称でも知られる純血魔女であり、シグナスドゥルーエラ・ブラック(旧姓ロジエール)の間に生まれた次女である。姉にベラトリックス、妹にナルシッサがいる。アンドロメダは1960年代にホグワーツ魔法魔術学校に在籍しスリザリン組分けされた。

ホグワーツ卒業後、彼女はマグル生まれテッド・トンクスと結婚し純血性を重んじるブラック家から勘当された。それ以降、彼女が血縁関係の親族と接触することはなかった。1973年、アンドロメダはニンファドーラを出産して母親となった。ニンファドーラは1994年アラスター・ムーディの油断ない監督の下、闇祓いになった。

第二次魔法戦争中、アンドロメダと夫は娘がメンバーとなっている不死鳥の騎士団に協力した。ニンファドーラは1997年リーマス・ルーピンと結婚して息子テッド・トンクスをもうけた。1998年、戦争の激しさがピークに達したとき、アンドロメダの夫は人さらいに殺害されてしまった。リーマスはホグワーツの戦いで死亡しニンファドーラもアンドロメダの姉ベラトリックス・レストレンジの手にかかって殺された。

第二次魔法戦争後、アンドロメダは孫の後見人であるハリー・ポッターの手を借りながら彼を育てた。それによってテディはポッター家ウィーズリー家と時間を過ごすことができた。

舞台裏

  • ブラック家の3人姉妹の中でアンドロメダのみ映画シリーズに一度も登場していない。

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。