Fandom


オーガスタス・ルックウッドヴォルデモートに忠実な死喰い人。元々魔法省神秘部に勤めていたがヴォルデモート側の考えに染まり、魔法省の内部と外部に手下を忍ばせて情報をヴォルデモートに流していた。イゴール・カルカロフの告白により捕まったが、1996年の脱獄で自由の身になり、死喰い人に復帰した。ホグワーツの戦いパーシー・ウィーズリーと戦い、最終的にアバーフォース・ダンブルドアによって倒された。

舞台裏

登場作品

脚注

  1. 1981年時点で、ルックウッドは魔法省で働いていたことから少なくとも17歳以上である。ルード・バグマンの父親がルックウッドと友人であったとバグマンが語っていること、ルックウッドが魔法省で名の知られた職員であったことから、イゴール・カルカロフが彼を密告した時点ですでに17歳を超えていたと推測できる。
  2. Spotlight - CV
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。