Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

カサンドラ・ヴォールは、2008年[1]ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、スリザリンに組分けされた魔女である。

経歴

ホグワーツ在学中(2008年~)

カサンドラは2008年ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、スリザリンに組分けされた。彼女は入学して間も無く、他の生徒をいじめるようになった。

彼女はある日、ダニエル・ページマグルから魔法を隠すのは間違っていると友人に話しているのを目撃した。これを聞いたカサンドラはダニエルをからかい始めた。

性格と嗜好

カサンドラは聡明であったが、尊大で酷薄な人物であり、人とうまく関わることを不得手としていた。[2]
彼女はしばしばアイビー・ウォリントンやダニエル・ページなどの同級生たちをいじめた。 カサンドラは周囲の注目を浴びることや自らの金色の髪を好み、人と何かを共有すること嫌うなど[2]傲慢さを持っていた。

彼女は薬草学やガーデニングを好んでいたが、クィディッチは嫌っていた。彼女の好きな植物は毒触手草だった。

カサンドラは自分を生徒の誰よりも魅力的で聡明で人気がある生徒だと思っており、それに異論を呈するのはただの馬鹿であると考えていた。そして、自分が格別に優れていることはすべての魔法使いが平等に生まれていないことを証明していると思っていた。[2]また、彼女はマグルを愚かな人々と考えており、しばしば彼らを嘲笑した。

身体描写

彼女は優れた容姿を持っており、[2]ホグワーツの生徒には彼女を美人と評する者もいた。

彼女は長い金髪と緑色の瞳を持っていた。これは彼女の親、もしくは家系全体に引き継がれている特徴の可能性がある。

魔法能力と技能

  • 呪文学:カサンドラは有体の守護霊をつくることができた。[2]これはホグワーツの生徒としては非常に優れた技能である。彼女はまた気象呪いの優れた使い手でもあった。
  • 薬草学:カサンドラは薬草学の授業を楽しんでいることで知られていた。[2]
  • ガーデニング:カサンドラはガーデニングを得意としていた。[2]
  • 飛行術:カサンドラは箒飛行を苦手としていたが、マダム・フーチの個人授業にてそれがカサンドラの技能の欠如のためではなく、飛行中周りの視線を気にしすぎているせいだと判明した。

所有物

  • :カサンドラは柊とヴィーラの髪から成る25センチの杖を持っていた。
  • 手鏡:カサンドラはしばしば手鏡を使って自分の顔を眺めた。彼女は一年目のいつかに偶然この手鏡を壊してしまったが、彼女の母はまた新しいものを買ってあげると娘に約束した。

人間関係

家族

カサンドラは彼女の父が魔法省職員であることを自慢し、ときに脅しの手段に使った。 彼女はまた母を慕っていたが、彼女はカサンドラが独特の考えを口にすることを好まなかった。[2]

カサンドラは彼女のマグルの叔父を陽気な人物だと評した。しかし直後にマグルを愚かだと言ったので、心からそう思っているのか皮肉なのかは不明である。 理由は明かされていないが、彼女は家族との夕食を嫌っていた。[2]

アイビー・ウォリントン

カサンドラとアイビーはお互いを嫌っており、[2]しばしばカサンドラはアイビーや彼女の友人に嫌がらせを行った。

1年生のときはダニエルへの侮辱を撤回させようと詰るアイビーにフリペンドを撃ち、床に倒れた彼女を嘲笑った。アイビーはカサンドラの杖を消そうとエバネスコを放ったが、狙いが外れて鉄の甲冑が丸々消失したためカサンドラはアイビーが自分を消そうとしたと思い怯えた。

登場作品

ハリー・ポッター:魔法の覚醒(初登場)

脚注

Advertisement