FANDOM


クリーデンス・ベアボーン1901年生まれ。出生名はアウレリウス・ダンブルドアとされる)とは20世紀に活動したアメリカ魔法使いである。彼は反魔法族のノーマジ組織新セーレム救世軍指導者メアリー・ルー・ベアボーンの養子になった。魔力を押さえつけていたため、彼の体内でオブスキュラスと呼ばれる寄生的な力が発生しオブスキュリアルとなった。ほとんどのオブスキュリアルは10歳の誕生日を迎える前に死亡するがクリーデンスは成人まで生き延びた。これは魔法界にとって前代未聞の事象であった。

クリーデンスはゲラート・グリンデルバルドに必要とされていた。グリンデルバルドは彼の革命運動に対して最大の障壁となるアルバス・ダンブルドアを殺害するためクリーデンスを利用しようとしていたのであった。自分の正体を探る旅の中、クリーデンスはグリンデルバルドの呼びかけに応えて軍隊に加わった。

経歴

生い立ち

クリーデンスは氏名不詳の魔女のもとに生まれ、幼い頃に母を亡くしてメアリー・ルー・ベアボーンに引き取られた。メアリー・ルーは反魔法族の説教師でクリーデンスを虐待し、彼は魔力を抑えなければならなくなった。

オブスキュラスの発現

FB-TRL3-88448

クリーデンスとパーシバル・グレイブスに変身したゲラート・グリンデルバルド

1926年になると、クリーデンスはもはやオブスキュラスを抑えることができなくなり、発現して暴走した力はニューヨークに大災害をもたらしていた。このころ、パーシバル・グレイブスに変身したゲラート・グリンデルバルドがクリーデンスに接触し、解放して魔法を教えるという条件でセカンド・セーレム・チャーチにいるオブスキュラス捜索に協力させた。

12月6日、新セーレム救世軍がヘンリー・ショー・ジュニアの援助を受けることに失敗して上院議員であるその息子に侮辱されるとクリーデンスのオブスキュラスが姿を現し、市庁舎のチャリティーディナーでこの上院議員を殺した。

翌日、クリーデンスはモデスティの部屋でを見つけるが養母はそれをクリーデンスのものでると勘違いする。メアリー・ルーがクリーデンスに体罰を加えようとするとモデスティはそれが自分のものであると認め、メアリー・ルーの手からベルト(クリーデンスを叩くための)が弾き飛ばされる。オブスキュラスが解放されメアリー・ルーとチャスティティを殺害した。

まだグレイブスの姿をしていたグリンデルバルドが現れ、破壊の後、養子になる前に住んでいた家に逃げたモデスティのもとに案内するよう命じた。そこに到着するとグリンデルバルドはクリーデンスにもう用済みであると言い放つ。この裏切りにより彼のオブスキュラスが現れグリンデルバルドを驚かせる。グリンデルバルドは謝罪し魔法の訓練すると説得するが怒りに我を忘れたクリーデンスはオブスキュラスと一体になって街を破壊した。グリンデルバルドは彼を追ってニュートン・スキャマンダーと対決する。ニュートは地下鉄のトンネルでなんとかクリーデンスを落ち着かせたがこの魔法動物学者闇の魔法使いに攻撃する隙を与えただけだった。そこにティナ・ゴールドスタインが現れるとクリーデンスは平静を取り戻す。まもなくマクーザセラフィーナ・ピッカリー闇祓いたちが到着しクリーデンスの姿が消えるまで攻撃を続けた。ニュート以外は気づいていなかったが彼のオブスキュラスの一片がその場から離れていった。

個性と特徴

シャイで引っ込み思案な性格で、非常に傷つきやすい。

名前の由来

「Credence」は「信用」や「信じること」を意味するラテン語「credere」、あるいは「信条」を意味する「credentia」に由来する名前[1]。「Barebone」はアングロサクソンの姓であるがイギリスの村、BarbonあるいはBarbourneから派生したものである[2]

舞台裏

登場作品

脚注