FANDOM


大いなる目的のために大勢を殺す?僕はグリンデルバルドの信奉者ではありません ニュート・スキャマンダー
ゲラート・グリンデルバルドの軍隊とは20世紀初頭において、黒い魔法使いゲラート・グリンデルバルドを信奉した魔女や魔法使いの組織である。この軍隊はグリンデルバルドのイデオロギーを狂信し魔法界の存在を知らしめてマグル戦争を起こすことを目指していた。そして「より大きな善のために」というモットーのもと、国際魔法使い機密保持法を廃止して非魔法族の人口を奴隷として支配下に置くことが究極的な目的であった。多くの従者たちはグリンデルバルドの哲学と犠牲を厭わない魔法族の優越に心酔しており、そのうちのほとんどが黒い魔法使いのカリスマ生に操られた若い理想主義的な魔女や魔法使いであった。

判明しているメンバー

FNBST2 First Look 3000x1800-Dumbledore3

軍隊の最大の脅威、アルバス・ダンブルドア

協力者

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。