Fandom


マクラーゲンてグロウプでさえ紳士に見えてくるような人 ハーマイオニー・グレンジャー
コーマック・マクラーゲン1978年または1979年生まれ)とは、魔法省で実力を持つマクラーゲン家魔法使いである。彼は1990年から1997年までホグワーツ魔法魔術学校に通った。ハリー・ポッターより1年早く入学しグリフィンドール組分けされた。

6年目、コーマックは賭けで有毒なドクシーの卵を食べてしまったため寮のクィディッチ・チームへの選抜を受けることができなかったが、7年目にはキーパーとなった。ホグワーツでの最後の年である7年目、彼はスラグ・クラブのメンバーになり、ハーマイオニー・グレンジャーに同行してクリスマス・パーティに参加した。マクラーゲンはシーカーだったハリー・ポッターの頭をビーターのバットで叩いてしまいハッフルパフへの屈辱的な敗北の原因となった。

舞台裏

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。