Fandom


ゴールドスタイン夫人とは、20世紀初頭に死亡したアメリカ合衆国魔女である。彼女はポーペンティナクイニー・ゴールドスタインの母親であった。

彼女とは娘達が幼い頃に龍痘で死亡した。それ以降娘たちは「お互いに育て合い」、ふたりの絆は強固なものとなった。

1926年死刑を宣告されたティナ・ゴールドスタインは死の部屋死の水薬に沈められる前にベルナデッテにより幸せな記憶を引き出された。これはティナを落ち着かせるためであり母親がティナを「かぼちゃ」と呼んで寝る準備は良いかと尋ねる場面が水薬に映し出された。

舞台裏

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。