FANDOM


サスカッチ、別名ビッグフット北アメリカの太平洋岸北西部に原生する魔法生物である[1]

歴史

1892年、サスカッチはアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)に対して大規模な反乱を起こした。この事件を受け、MACUSAは拠点をワシントンからニューヨークへ移転することを余儀なくされた。この事件はオルティーズ・オフラハティの著書『ビッグフットの最後の抵抗』に詳細に記されている。後世の歴史家たちは、サスカッチの反乱の責任は魔法生物保護局の長であるアイリーン・ニーダンダーにあると批判している。彼女が自らの職務を誤解し、“一線を越えた”サスカッチに対する攻撃を行ったことが反乱の原因とされる[2]

舞台裏

  • サスカッチ(サスクワッチとも)、別名ビッグフットは現実世界でいうUMA(未確認生物)である。ビッグフットは巨大な猿のような二足歩行生物で、全身が茶色の毛に覆われ、北アメリカの森林地帯、特に太平洋岸北西部に生息するとされている。
  • ジェイソン・ニューウェルがモーション・キャプチャーでサスカッチを演じ、『幻の動物とその生息地』に登場することが予定されていたが、最終的にニューウェルは映画から降板し、実現しなかった。

登場作品

脚注

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。