Fandom


スウーピング・イーヴルは青と緑の翼を持つ魔法生物である。ヘビと巨大なチョウの中間のような外見をしている。空を飛ばない時はトゲがついた翼を丸め、緑色の繭のような状態になる。

スウーピング・イーヴルは人の脳を捕食するため、極めて危険である。また彼らの皮膚は一部の呪文を跳ね返すことができる。スウーピング・イーヴルが分泌するは、希薄して使えば悪い記憶を消す薬として用いることができる。

歴史

Swooping Evil

スキャマンダーのスウーピング・イーヴル

1926年ニュート・スキャマンダースーツケースの中でスウーピング・イーヴルを1匹飼育していた。彼はポーペンティナ・ゴールドスタインとともにMACUSAから脱出した際に、スウーピング・イーヴルを使ってアメリカの闇祓いに応戦した。

またスキャマンダーはパーシバル・グレイブスに変装したゲラート・グリンデルバルドを拘束した際、スウーピング・イーヴルを使って彼の注意を逸した。

戦いが終わった後、スキャマンダーはサンダーバードフランクが作り出した雨にスウーピング・イーヴルの毒液を混ぜてニューヨークの街に降らせ、ノー-マジの人々からグリンデルバルドの一件に関する記憶を消した。

登場作品

メディア

What Is A Swooping Evil?

What Is A Swooping Evil?

脚注

  1. Swooping Evil fact file - APPEARANCE: Blue and green winged beast
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。