Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki


スラグ・クラブ(Slug Club)は、ホラス・スラグホーンが才能や名声ある学生やお気に入りの学生を中心とした集まりである。1996年から2016年まで魔法薬学の教授を務めたスラグホーンはホグワーツ生の中から才能溢れる生徒を探してはその生徒をスラグ・クラブに入れた。

選ばれた生徒はスラグホーンが主宰するパーティーに招待された。人脈ネットワークは卒業後も生きており、クラブのメンバーと連絡を取ることがあった。有益な情報や知識を得られる可能性があるからである。

パーティー

ホグワーツ学年度中、ホラス・スラグホーンは多くのパーティーを開催した。夕食会のパーティーでは上質な料理に10名程度の学生が会食した。スラグホーンは生徒同士の意志疎通や情報共有を進めた。

スラグホーンの目的�は、優秀な学生をクラブに入れることで彼らの才能を開花させ、名声に近づけるためだった。そして彼らがその才能を発揮した際にはスラグホーンは情報を共有することを望んだ。

選ばれた学生

スラグホーンの最初の魔法薬学教授の時期

=スラグホーンの2番目の魔法薬学教授の時期

利点

スラグホーンのメリット

有名な人物に近づくことが出来るので、そのような人物に自身が大きな影響を与えたり、様々なものが得られた。スラグホーンは自身で名声を手に入れることはせず、他人の名声で自身を着飾った。

学生のメリット

スラグ・クラブのメンバーになれば、それだけでも名誉なことであり、スラグホーンとの繋がりがあれば名声を得られると感じた。

失念

Advertisement