Fandom


ダンブルドア軍団(別名D.A.)とは、1995年ホグワーツ魔法魔術学校の生徒たちに正しい闇の魔術に対する防衛術を教えるためにハリー・ポッターハーマイオニー・グレンジャーロン・ウィーズリーらが率いた組織である。組織を作ったのはハーマイオニーであるが、皆を教え率いたのはハリーである。

この組織は1995~1996学年度のこの教科の教授ドローレス・アンブリッジ教科書の理論以外をクラスで一切教えないことへの拒否感から生まれた。創立当初は28人のメンバーがいた。このグループは続く1996~1997学年度においてセブルス・スネイプが闇の魔術に対する防衛術教授に就任したことで解散したが数人のメンバーは呼びかけを気にかけ、年度末の天文台の塔の戦いに参加した。

1997~1998学年度にホグワーツがヴォルデモート卿の手に落ちると、マグルマグル生まれに対する偏見を助長し闇の魔術を教える死喰い人の教師アレクトとアミカス・カローに対抗するため、ネビル・ロングボトムジネブラ・ウィーズリールーナ・ラブグッドらが組織を再結成した。ダンブルドア軍団は第二次魔法戦争のさなか必要不可欠な役割を果たし組織のメンバーは神秘部の戦い天文台の塔の戦いホグワーツの戦いで戦った。

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。