Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki
912poaslytherinmed.jpg 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト

チョウは当然、とっても悲しんでる。セドリックが死んだんだもの。でも、混乱してると思うわね。だって、チョウはセドリックが好きだったけど、いまはハリーが好きなのよ。それで、どっちが本当に好きなのかわからないんだわ チョウ・チャンについてハーマイオニー・グレンジャー

チョウ・チャン(1979年~)は1990年から1997年までホグワーツ魔法魔術学校に在籍していた魔女であり、レイブンクロー所属していた。彼女はレイブンクローのクィディッチ・チームシーカーを務める人気者だった。5年生のとき、チョウは三大魔法学校対抗試合に出場していたセドリック・ディゴリーと付き合い始めるが、彼は第二次魔法戦争の最初の犠牲者になった。セドリックはヴォルデモート卿の命令を受けたピーター・ペティグリューによって、1995年6月に殺されたのである。セドリックの死はチョウを悲しませ、復活した闇の帝王との戦いに参加する動機ともなった。

6年生の時、チョウは両親の反対を押し切ってハリー・ポッターが教え率いるダンブルドア軍団に参加、ハリーと恋に落ちる。しかしチョウの親友マリエッタ・エッジコムが軍団を裏切ったことがきっかけとなり、2人の関係は壊れてしまった。それでも学校とダンブルドア軍団への思いは変わらず、卒業後にホグワーツの戦いに参加した。

経歴

生い立ち

チョウは魔法使いの一家に生まれた。彼女は6歳の時にクィディッチに熱中し、タッツネルトルネードのファンになった。

ホグワーツ在学時代(1990年-1997年)

チョウは1990年ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、レイブンクローに組分けされた。入学後すぐにレイブンクローのクィディッチ・チームに入団し、シーカーになった。この時にマリエッタ・エッジコムと友達になった。

4年目

グリフィンドール対レイブンクローの試合でチョウは初めてハリー・ポッターと出会った。ハリーは彼女をかわいいと思っており、好意的な印象に残ったという。後にグリフィンドール対スリザリンの試合で彼女はグリフィンドールの勝利を祈った。ハリーは顔が真っ赤になった。

レイブンクローとの試合中、チョウは金のスニッチではなくハリーを追いかけた。ハリーはすぐにチョウの思惑に気付き、あたかもスニッチを見つけたかにみせて彼女を騙そうとした。その後、本物のスニッチを見たハリーは急降下したが、そこにディメンターの群れをがいた。チョウは吸魂鬼の群れを見て体がすくんだ。ハリーは強力な守護霊の呪文を放ち、撃退することに成功しスニッチを獲得したが、この吸魂鬼は実際は変装したドラコたちだった。結局、レイブンクローは試合に勝つことが出来なかった。

5年目

特徴と性格

チョウ・チャンは概して礼儀正しく、聡明で甘えん坊であり、ホグワーツで人気の学生だった。彼女の風貌は多くの男子生徒(ハリー・ポッターを含む)を魅了した。

レイブンクローに組分けされたチョウはハリーがダンブルドア軍団で防衛呪文を教える前からある程度の知識を持っていたと思われる。また、彼女は熱狂的なクィディッチのファンでもあり、優れたアスリートでレイブンクローのシーカーを務めた。 また、彼女は時流に反してダンブルドア軍団に加わっており、このことからも勇敢な人物であることが伺える。ハリーへの支持と亡きボーイフレンドセドリック・ディゴリーの無念を晴らすべく彼女はホグワーツの戦いに参戦し、仲間と共にホグワーツを守った。

チョウが学生時代、ボーイフレンドと一緒に行動することが多かったがセドリックの死後、彼女は失ったショックから精神が不安定になり、うつ病気味になったが、それでも仲間思いの性格は変わらなかった。 彼女は友人マリエッタ・エッジコムダンブルドア軍団に誘い、共に訓練を受けた。マリエッタは最終的にドローレス・アンブリッジに情報を売ってしまうが、チョウはマリエッタの置かれた立場を理解し、ハリーの非難に真っ向から反論した。チョウの友達への忠誠心と勇敢さはホグワーツの戦いで発揮され、仲間と共にホグワーツを守った。

人間関係

ロジャー・デイヴィス

チョウはある時点でロジャー・デイヴィスと友達になり、交際関係にまで発展した。しかし、これは長く続かず、彼女が新しいボーイフレンドを得てからは関係は疎遠になった。

セドリック・ディゴリー

チョウは5年目にセドリックのガールフレンドになった。彼女は三大魔法学校対抗試合の第2の試練で人質となった。また、2人はホグズミードでデートをしているのが目撃されている。しかし、セドリックはヴォルデモート卿によって殺された。この事実は彼女に深い悲しみを与えることになった。

ハリー・ポッター

ハリー・ポッターは4年生の時にチョウの容姿に心を惹かれ、恋に落ちた。既にセドリックと踊ることは決まっていたが、ハリーはチョウをダンスの相手にしたいと考えていた。

チョウの6年目、

登場作品

脚注

  1. 彼女の血統は作中では明言されていないが、6歳の時からクィディッチに夢中だったこと、母親魔法省で働いていることからマグル生まれではない。
Advertisement