Fandom


テセウス・スキャマンダー1888年ごろ誕生)とはイギリス魔法使いであり闇祓いである。彼はスキャマンダー夫人の息子にしてニュートン・スキャマンダーの兄である。第一次世界大戦に参加したテセウスは戦争の英雄と見なされるようになり、世界魔法大戦が始まってまもなく闇祓い局局長に昇進した。局長として彼はゲラート・グリンデルバルドとの戦いに大いに貢献した。

経歴

生い立ちと学校

テセウス・スキャマンダーは1888年ごろ、魔法界スキャマンダー家のもとに誕生し、少なくともひとりの弟、「ニュート」と呼ばれるニュートンがいた。母親ヒッポグリフの珍種ブリーダーであったがテセウスは弟のように魔法動物学に興味を持つことはなく、魔法動物の世話を楽しい時間つぶしと見て職業的な情熱を感じることはなかった。これは彼と母親が明らかに共有していた意見であり、ふたりとものちにニュートが魔法動物学者のキャリアを選んでもさほど感心しなかった。あるときテセウスはを購入あるいは相続した。

10代になったテセウスはホグワーツ魔法魔術学校に入学してハッフルパフ組分けされ[3]、学業に秀でて才能ある生徒であることを証明した。授業の理論的な側面と実践経験への興味と両方に優れていたテセウスは少なくとも5つのN.E.W.T.試験に合格し「優秀」あるいは「期待以上」の評価を得て卒業した。

初期のキャリア

あるとき魔法学校を卒業したテセウスはイギリス魔法省に就職し魔法法執行部闇祓い局で働く基準を満たすために課される厳しい一連の性格適性検査を受けた。やがてテセウスは厳しいことで有名な訓練プログラムに合格して見事この職に就くために必要な条件を満たすことができた。

第一次世界大戦

正式な闇の魔法使い捕獲人として、テセウスは優秀な職員であることを証明し魔法使いとして名前をあげたが、危険が迫っているときにのんびりと椅子に座ってはいられない行動派の正義感であることも示した。マグルがのちに第一次世界大戦と呼ばれる大規模な軍事衝突を行った際、アーチャー・エバーモンド魔法大臣は魔法族が戦争に参加することを禁止する有事立法を行ったが、それを無視した数千人の魔法使いの中にテセウスもいたのである。戦争中テセウスははっきりとではないが区別がなされていた魔法族側に立っていくつもの戦いに参加し、敵側の魔法使いを倒して勝利に協力し無駄に命が失われることを防いだ。帰国した彼は試練を乗り越えた百戦錬磨の戦士として大衆から戦争の英雄と称されるようになった。

グリンデルバルド追跡

勤勉で誠実なテセウスはイギリスに戻ってからも魔法省職員として勤務を続け非常のレベルの高い闇祓いとして多くの尊敬を集めることとなった。ゲラート・グリンデルバルドという名前の闇の魔法使い魔法界で活動を始め、そのカリスマ的理想主義が支持を集めて国際魔法使い機密保持法廃止へと動き出すとテセウスは上司たちと国際魔法使い連盟に不信感を抱いた。才能ある「戦争の英雄」は魔法省の指示に従ってイギリスを離れヨーロッパに渡ってグリンデルバルドを追跡した。魔法法執行部の全員がこの事件を調査したがっていた中、事件を任されたテセウスは素晴らしい業績だと考え興奮して弟にふくろうで手紙を出している。このときテセウスは弟の居場所を把握しておらず「(ニュートが)どこにいようと」、「(ニュートが)どんな獣じみた試練を受けていようと」と書いてただ無事を願った。革命運動に対抗するための彼の努力は効果を上げなかったが、それでもやがては闇祓い局局長に昇進することになった。

グリンデルバルドによるより大きな善のための革命運動はさらに勢力を強め、メンバーに加わる者たちも増え始めた。グリンデルバルドと支持者は魔法族の存在を知らしめてマグルとの間に戦争を起こすためヨーロッパで複数の壊滅的な打撃を与えた。1920年代半ばになってもグリンデルバルドの活動は留まるところを知らなかったことから、グリンデルバルドに抵抗するためにテセウスが講じた策のほとんどがグリンデルバルドの狂信者たちを重く受け止めず脅威に動じなかったヘクター・ファウリー魔法大臣によって止められていたと考えられる。1926年、テセウスはこのころニューヨークで起きていた事件についてマクーザ魔法保安局長官パーシバル・グレイブス宛てに手紙を出して通信した。テセウスは知るよしもなかったが、このときゲラート・グリンデルバルドその人がパーシバル・グレイブスに成りすましていたのであった。1927年までに、ニュートの学生時代の友人であるリタ・レストレンジがテセウスの婚約者となっていた。

舞台裏

登場作品

ギャラリー


脚注

  1. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』においてニュートン・スキャマンダーはテセウスの弟であることが判明している。J・K・ローリング著『幻の動物とその生息地』ではニュートの誕生年が1897年と設定されている。スキャマンダー夫人がテセウスを産んでまもなくニュートを妊娠しニュートが1897年の末に生まれたとすれば、テセウスの可能な限り早い段階での誕生は1897年となる。
  2. 幻の動物とその生息地』ではニュートの母親が魔女であると明かされているが父親については不明である。ニュートが1930年にはすでに有名人であったにも関わらず1930年に出版された『聖28一族』にスキャマンダー家の記載はないことからも半純血と考えられる。しかしこの辞典にはポッター家のような純血の一族が記されておらず正確性に問題がある。
  3. 3.0 3.1 3.2 SnitchSeeker: "Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald cast on the final trailer and major spoilers"
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。