Fandom


きみのように若い者にはわからんじゃろうが、ニコラスとペレネレにとって、死とは長い一日の終わりに眠りにつくようなものなのじゃ。結局、きちんと整理された心を持つ者にとっては、死は次の大いなる冒険にすぎないのじゃ ハリー・ポッターに対し、アルバス・ダンブルドア
ニコラス・フラメルフランス魔法使いで、伝説の物質「賢者の石」の創造に成功した唯一の者として知られる著名な錬金術師。ホグワーツ魔法魔術学校の校長アルバス・ダンブルドアと親しく、錬金術の共同研究も行った。フラメルと妻のペレネレは、賢者の石を用いて作られる「命の水」を飲んで通常では考えられないほど長生きし、1992年の時点で665歳を超えていた。

蛙チョコレートのダンブルドアのカードにはフラメルに関する短い記述が載っている。

経歴

生い立ち(14世紀)

ニコラス・フラメルは14世紀の初頭に生まれた。若い頃、ニコラスはフランスのピレネー山脈に築かれたボーバトン魔法アカデミーに通い、将来の妻であるペレネレと出会った。ボーバトンの荘厳な城と敷地をつくるのに使われた資金の一部は、フラメルの錬金術で作られた金によってまかなわれたと言われており、公園の中心にある泉はニコラスとペレネレ夫妻にちなんで名付けられている[3]

フラメルは著名な錬金術師となり、またオペラ愛好家としても知られるようになった[4]。やがて彼は恐るべき力を持つ伝説の物質、賢者の石の創造に成功する。フラメルは石を用いて命の水をつくり、これを飲むことで普通のヒトよりも長生きした。賢者の石は他にも、あらゆる物質を黄金に変える力があると言われるが、フラメルが金持ちになるために石を利用したかどうかは定かではない。

長寿の魔法使い(~19世紀)

1762年、既に300歳を超えていたフラメルはパリのオペラハウスにいるところを目撃された[5]

1890年代、フラメルはアルバス・ダンブルドアと初めて知り合い、手紙のやり取りをするようになった[6]

グリンデルバルドの台頭(1920年代~1945年)

1927年当時、フラメルはフランスのパリに住んでいた。この年、ダンブルドアはゲラート・グリンデルバルドと戦うためニュート・スキャマンダーをパリへ派遣し、困ったときの隠れ家として、友人であるフラメルの家を紹介した。スキャマンダーとともにフラメルの家を訪れたマグルジェイコブ・コワルスキーは、蒼白な顔のフラメルをゴーストと勘違いした。

その後フラメルは水晶玉を使い、グリンデルバルドがレストレンジ家の墓所で信奉者の集会を開くことを突き止めた。老齢で、長いこと戦いを経験していないにもかかわらず、フラメルはグリンデルバルドを止めるため現地に駆けつけた。

グリンデルバルドはパリを破壊するため悪霊の火を放ち、信奉者とともに姿を消していた。フラメルはその場にいた魔法使いたちに墓所の周囲で環を作るよう呼びかけ、全員で協力して地面に対抗呪文を放った。その結果、彼らは悪霊の火を押さえ込み、パリを壊滅から救うことに成功した。

死去(1990年代)

1990年代当時、フラメルは妻とともにイギリスに移り住んでおり、デボン州で静かな暮らしを送っていた[4]。この年、復活を試みるヴォルデモートによって、賢者の石が危険にさらされた。ヴォルデモートに仕えるクィリナス・クィレルは、闇の帝王が本来の姿を取り戻す手助けをするため、ホグワーツに隠された賢者の石を盗もうとした。しかし彼の試みはハリー・ポッターハーマイオニー・グレンジャーロン・ウィーズリーたちによって挫かれた。その後、ダンブルドアはフラメルと話し合い、悪しき者の手に渡る前に賢者の石を破壊することにした。フラメル夫妻は身辺を整理するため充分な命の水を蓄えており、しばらくしてから亡くなったと思われる。ハリーはこの知らせに驚いたが、ダンブルドアはフラメルの死は「長い一日の終わりに眠りにつくようなもの」だと語った[7]

制作の舞台裏

登場作品

外部リンク

脚注

  1. ハリー・ポッターと賢者の石』第13章 ニコラス・フラメル - ハーマイオニーが図書館で借りた本の記述は次の通り:「フラメル氏は昨年六六五歳の誕生日を迎え、デボン州でペレネレ婦人(六五八歳)と静かに暮らしている」 『賢者の石』の時系列は1992年で、この作中作の出版年は不明。また『賢者の石』の初期草稿には、ハリーが読む本にフラメルが1300年代に生まれたという記述があった。
  2. ハリー・ポッターと謎のプリンス』が出版される少し前、J・K・ローリングは自身のウェブサイトで「フラメルはもう死んでいる」と発言した。『謎のプリンス』の開始時の時系列は1996年なので、フラメルは1992年から1996年の間に死んだことになる。
  3. Writing by J.K. Rowling: "Beauxbatons Academy of Magic" - Pottermore
  4. 4.0 4.1 ハリー・ポッターと賢者の石』第13章 ニコラス・フラメル
  5. "Very early page of Philosopher's Stone"(賢者の石の最初期の草稿)による。 (この画像を参照)
  6. ハリー・ポッターと死の秘宝』第2章 追悼
  7. ハリー・ポッターと賢者の石』第17章 二つの顔を持つ男
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。