FANDOM


リーマス、わたしのことニンファドーラって呼んじゃだめ。トンクス ファーストネームへの嫌悪について、トンクス
ニンファドーラ・トンクス1973年1998年5月2日)とは、主にトンクスと呼ばれ、また時としてドーラとしても知られた半純血魔女であり、テッドアンドロメダ・トンクス(旧姓ブラック)のひとり娘である。彼女は七変化であり、1984年から1991年までホグワーツ魔法魔術学校に在籍した。ホグワーツではハッフルパフ組分けされ、グリフィンドールチャーリー・ウィーズリーとは同級生であった。

ホグワーツ卒業後、彼女は魔法省に入りアラスター・ムーディの厳しい目のもと、闇祓いになる訓練を受け1994年に資格を取った。

1995年、トンクスは魔法省に内密で再結成された不死鳥の騎士団に加わり神秘部の防衛を助けた。1996年の6月、彼女は神秘部の戦いに参加しやがてリーマス・ルーピンと恋に落ちた。リーマスも彼女を愛していたが狼人間であり、貧しく歳をとりすぎている上に危険だと感じて彼女の気持ちを拒んだ。ヴォルデモート卿復活が公になるとトンクスは闇祓いの任務の一環としてホグワーツを守るためホグズミードの警備に派遣された。トンクスはその後天文台の塔の戦いで戦闘に加わり、フラー・デラクールが負傷したビル・ウィーズリーへの愛情を見せたことをきっかけに皆の前でリーマスへの愛を打ち明けた。

トンクスとリーマスは1997年の夏に結婚した。トンクスはまもなく妊娠し、リーマスは子どもが自分の人狼の症状を受け継いでしまうのではないかと心配したが結局遺伝しなかった(子どもは母親の七変化の能力を受け継いだ)。一度は彼女のもとを離れたリーマスであったがハリー・ポッターに説得されてもとに戻った。トンクスは1998年、イースターの直後に生まれた息子をエドワード・"テディ"・リーマス・ルーピンと名づけ(死んだ父親エドワード・トンクスにちなんで)ハリーを後見人に指名した。

同年の5月2日、トンクスはホグワーツの戦いに参加し、ヴォルデモート卿のもっとも忠実な使いにして死喰い人である伯母ベラトリックス・レストレンジの手にかかって死亡した。不死鳥の騎士団の仲間で友人のモリー・ウィーズリーが彼女の仇を取った。彼女とリーマスの死後、息子はアンドロメダとハリーによって育てられた。

経歴

生い立ち (1973年~1984年)

ニンファドーラ・トンクスは1972年後期から1973年の間に誕生した。マグル生まれ魔法使いエドワード・トンクス純血の魔女アンドロメダ・トンクス (ブラック)の間に生まれた。母親のアンドロメダは由緒正しいブラック家に生まれたが、マグル生まれと結婚したことで家族への裏切りと見なされファミリーツリーから焼き消されてしまった。母親はニンファドーラの髪の色が生まれた日から変わることに気づいた。これは彼女が七変化であるということを意味している。

ホグワーツ在学中 (1984年~1991年)

1984 First Years

1984年組分け儀式にて、ピンク色の頭のトンクス

トンクスは1984年ホグワーツ魔法魔術学校に入学した。彼女は組分け儀式ハッフルパフに選ばれた。

3年目

3年目は生徒が初めて少なくとも2つの選択科目を選ぶことができる学年であるが、トンクスが選んだ科目は不明でアル。また1986~1987学年度薬草学ヴァレリアンの小枝に関する授業が始まると、土を床にこぼしてしまったトンクスは周りに気をつけるように注意した。薬草学教授にして寮監であるポモーナ・スプラウトがハッフルパフ生ペニー・ヘイウッドに水やりのデモンストレーションをするように頼んだ時、トンクスはしばらくの間どの植物が「怒りっぽく、鳥のような」司書を苛立たせるのに役立つか声に出して考えていた。

この楽しみはペニーに悲鳴により中断された。クラスは狼人間がポットから飛び出してきたことに気がついた。スプラウト教授はまね妖怪を消す呪文を使って状況をコントロールし、クラスにまね妖怪が何であるかを紹介した。スプラウト教授がアルバス・ダンブルドア校長にこの出来事を報告しているとき、トンクスは困惑してジェイコブの弟または妹にペニーの恐怖について尋ねた。つまり彼女はペニーの一番の恐怖がなぜ狼人間であるかということが理解できていなかったのである。

飛行の授業で「回転」が始まる前、トンクスはローワン・カナやジェイコブの弟または妹と興奮して話し込んでいた。彼らは3年目で初めてホグズミードに行けるようになったことについて話していたのであった。トンクスは特にゾンコのいたずら専門店ハニーデュークスに行くことを楽しみにしており三本の箒バタービールを飲もうと考えていた。授業が終わったとき、トンクスはふくろう小屋天文台の塔暴れ柳ルビウス・ハグリッドに衝突したことを明かした。しかしこれは彼女にとって珍しく衝突が少ない日であった。トンクスはまた、七変化の能力を使って教師に変身することで頻繁に罰則を受けているとも話した。

薬草学で昔の内容を復習するためベビー・マンドレイクの植え替えを行った際、トンクスは耳あてを付けることを忘れた。トンクスは代わりにジェリー・スラグを耳に入れたため、叫ぶマンドレイクの声に影響されることはなかった。それだけでなく授業後にもジェイコブの弟または妹とうまく話すことができなかった。

4年目

4年生となってからある日、トンクスはスプラウトのグリーンハウスからもっとも巨大な毒触手草を取り出した。彼女はそれを管理人アーガス・フィルチのデスクの下に置くつもりであったが途中で大失敗して魔法薬学の教室に放り投げてしまった。結局毒触手草はセブルス・スネイプ教授に掴みかかった。スネイプとスプラウトはトンクスが卒業するまで毎日罰則を行うことで合意したが、スプラウトは特別な薬草学の試験に合格すれば罰則を受けなくても良いという措置を与えた。

トンクスはホグワーツの図書館で試験勉強しジェイコブの弟または妹と会った。トンクスが事情を説明するとジェイコブの弟または妹一緒に勉強することに同意した。

5年目

正しい振る舞いができなかったためスプラウト教授は5年生になったトンクスをハッフルパフの監督生にはしなかった。

行動に問題はあったものの、トンクスは試験で良い成績を残し1991年の卒業時には闇祓いとして訓練を受ける資格を得た。このことから、6年目と7年目に闇の魔術に対する防衛術変身術チャーム魔法薬学などの教科を選択したと考えられる。トンクスはN.E.W.T.のすべてで「大いによろしい」または「期待以上」の評価を受けた。母親のアンドロメダ・トンクスが勘当されていたため、ニンファドーラはブラック家の純血至上主義者から否定されていた。

闇祓いのキャリア (1992年~1995年)

Aurors ootp

休戦中、魔法省の闇祓いとして活動するトンクス

実践的スキルとストレス下でどのように反応するかを見るための一連の適性テストに合格したトンクスは、アラスター・ムーディ管理の下3年間、闇祓いの訓練受けた。生まれ持った七変化能力のため、隠蔽や変装の訓練パートは何の努力や勉強をしなくても通過することができた。

しかしながら不器用であったため訓練の潜入や尾行のパートでは苦労した。トンクスは物を壊してしまう問題があったためほとんど落第寸前であったとハリー・ポッターに認めている。トンクスは1994年に闇祓いとなる条件を満たしたが、彼女は一番最後に合格した者たちのひとりであった。

舞台裏

登場作品

脚注