Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

ハリー・ポッターと賢者の石』とは、『ハリー・ポッター』シリーズの第1作目である。原書は1997年6月26日[1]にロンドンのブルームズベリー出版社から発売され、のちに同名の映画が作られている。

原作も映画版もアメリカ合衆国ではHarry Potter and the Sorcerer's Stoneという題名で公開された。これは出版者たちが、ほとんどのアメリカの読者は"Philosopher's Stone"という言葉に馴染みがないであろうと懸念したためである。しかしこのために英国民の間では、イギリスの小説をわざわざ改変する必要はないのではないかという議論が起きた。

日本では、1998年10月にダン・シュレンジャーから原書を紹介されて感動した松岡佑子J・K・ローリングの代理人と交渉したことで、1999年12月1日に静山社から出版されることとなった。

献辞[]

For Jessica, who loves stories, for Anne, who loved them too, and for Di, who heard this one first"

この本はJ・K・ローリングの親族である3人の女性に捧げられている。長女のジェシカ、多発性硬化症で世を去った母親のアン、妹のダイである。

あらすじ[]

第1章 生き残った男の子[]

生き残った男の子、ハリー・ポッターにかんぱい! こっそり集まった国中の魔法使いと魔女

プリべット通り四番地に住むバーノン・ダーズリーペチュニア・ダーズリーの夫婦は不思議や神秘などの非常識なことは一切認めない人で、まともであることが自慢である。夫婦にはダドリー・ダーズリーという息子がいる。どこを探したってこんなに出来のいい子はいやしない、というのが夫婦の意見であった。ペチュニアのの家族をポッター家といい、ダーズリー家にとって唯一の秘密であり誰かにバレることを恐れていた。

1981年11月1日の火曜日、空はどんよりとした灰色の曇り空であった。バーノンは鼻歌を歌いながら仕事用のネクタイを選び、ペチュニアは泣き喚くダドリーをベビーチェアに座らせ、近所の噂話を始めた。2人は窓の外を大きなフクロウが飛び去るのに気づかないが、バーノンは出勤中に地図と標識を読むトラ猫を見つけた。バーノンは猫のことを頭の中から追い払うが、街中でマントを着た集団が、ポッター家の息子のポッターの噂をしているのを聞いた。これによってバーノンは取り乱しますが、自分を納得させ、仕事に戻った。

バーノンは昼から仕事に集中できずにいた。5時に退勤した時にスミレ色のマントを着た小さな老人にぶつかった。老人はぶつかったことを気にしていない様子で、大きく笑い、『例のあの人がいなくなったのだからマグルも祝うべき』といい、バーノンを抱きしめて去っていった。

バーノンは混乱して、普段は認めない幻想を見ていると願いながら4番通りに帰った。4番通りには今朝見たトラ猫が庭の石垣に座りこんでいた。バーノンは自分の大声に微動だにしない猫を不思議に思ってから、気を取り直して家に入った。

ペチュニアはまともな1日を送っていた。バーノンは彼女に今日あったことを言うまいと決心していたが、テレビのニュースを見てそれを帰ることになる。バーノンはペチュニアに妹のことを尋ねると、ペチュニアは不機嫌になり返事をした。最終的にバーノンはペチュニアの怒気に押され落ち込んでこの話題を話すのをやめてしまった。2人が寝室に行く時もこの話題に触れることはなかった。バーノンはポッター家のことを考え、しばらく寝付くことができなかった。

バーノンが眠りについた時も瞬きもせずにプリペット通りの奥の曲がり角を見つめていた猫は、真夜中近くになって初めて動き始めた。猫が見つめていた曲がり角から突然紫色のマントを羽織ったアルバス・ダンブルドアが現れた。ダンブルドアは、灯消しライターで12個の街灯を消し、猫と話を始めた。トラ猫はすでに消えていて、猫のいた場所にはエメラルド色のマントを羽織ったミネルバ・マクゴナガルが座っていた。彼らはゴドリックの谷でリリー・ポッターとジェームズ・ポッターがヴォルデモートに殺され、ハリー・ポッターも殺そうとした時、彼の力が打ち砕かれ、そして消えたことについて話し始めます。

ルビウス・ハグリッドシリウス・ブラックから借りた空飛ぶオートバイに乗って一歳のハリー・ポッターを連れてきた。ハリ・ポッターはダンブルドアの判断で、手紙と共に、ダーズリー家の玄関の戸口の前に置かれ、魔法使い一行はプリペット通りから去っていった。

数時間したらペチュニアがミルクの空き瓶を外に出すために戸を開けた時にハリー・ポッターに気付き悲鳴を上げるだろう。数週間の間はダドリーに小突かれ、つねられるだろう。この間にも、国中の魔法使いと魔女たちは、ハリー・ポッターに乾杯しているのだ。

第2章 消えたガラス[]

映画版[]

本作は映画化され『ハリー・ポッター』映画シリーズの第1作目となった。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』は2001年11月4日にイギリスで公開され11月14日には日本でも封切りとなった。クリス・コロンバスが監督し、ダニエル・ラドクリフルパート・グリントエマ・ワトソンらが出演した。

舞台裏[]

J・K・ローリングは、彼女の乗っていた(ロンドンに帰るための)電車が4時間遅れた時にこの本のアイデアを思いついたと語っている。

関連項目[]

脚注[]

Advertisement