Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

Harry Potter Trading Card Game.jpg

ハリー・ポッター カードゲーム(Harry Potter Trading Card Game)とはJ・K・ローリングによるハリー・ポッター シリーズをもとにしたカードゲームである。ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって開発され、1作目の映画の公開に合わせて2001年8月に発売された。日本語版は2001年11月に発売された。日本語版発売元はメディアファクトリー。アメリカでは、2番目に売れたおもちゃとなったこともあったが、現在は絶版となっている。

ゲームプレイ

ハリー・ポッター カードゲームは2人用のゲームである。60枚のデッキを組み、相手の山札を自分の山札よりも早く、全てなくすことを目指す。「呪文カード」や「魔法生物カード」などで相手に「ダメージ」を与え、ダメージを受けた相手は山札からカードを捨てなければならない。

このゲームは、まず「スタートキャラクター」を置き、山札の7枚を手札にして対戦を開始する。交互に来るターンでは、最初に必ず山札から1枚カードを引いて手札に加える。自分の魔法生物カードで相手にダメージを与え、その後アクションを2回行う。アクションとは、カードを再び山札から引いたり、場に出したりすることである。アクションは、必ずしも2回行わなくてもよい。これを繰り返し、相手の山札を全てなくすと勝利となる[1]

カードの種類

ハリー・ポッター カードゲームのカードには、8つの種類がある。

  • レッスンは、基本のカードで、他の種類のカードを使うために必要となる「魔力」を与えてくれる。1枚で1魔力となっていて、レッスンカードは5種類ある。出した後もそのまま場に残る。
  • 呪文は、相手や魔法生物に直接ダメージを与える、捨て札置き場から魔法生物カード1枚選び手札に加えるなど様々な効果が存在するカードである。カードには必要な魔力が書かれていて、場に出して使うが、終わったら場には残さず捨てることになる[1]
  • 魔法生物クリーチャーは、基本的には相手の山札に対してダメージを与えるカードである。自分のターンが来るごとに相手に「ターンごとのダメージ」を与え、山札からその枚数を捨てさせる。カードには必要な魔力が書かれていて「魔法生物の世話」のレッスンカードが必要となる。出した後もそのまま場に残るが、書かれている「体力」の値以上のダメージを与えられたときには捨てなければならない[1]
  • キャラクターは、ハリー・ポッター シリーズに登場するキャラクターのカードで、手札から出して使う。場に魔力がなくても使用できるが、1枚出すのにアクション2回分が必要となる。対戦前には「魔法使い」または「魔女」と書かれたカードの中から1枚選び、そのキャラクターを「スタートキャラクター」として使用する。キャラクターカードには「特殊能力」が書かれていて、その特殊能力はいつでも使うことができる[1]
  • アドベンチャーは、相手にアドベンチャーを与え、困らせるカードである。場に魔力がなくても使用できるが、1枚出すのにアクション2回分が必要となる。相手にもたらすアドベンチャーの「効果」、そのアドベンチャーを相手が克服するためにしなければいけない「対策」、相手がアドベンチャーを克服したときの「相手へのプライズ」が書かれている。それぞれのプレイヤーにつき、1度に1枚しか場に出すことができない[1]
  • アイテムは、必要な魔力が書かれていて、出した後もそのまま場に残り効果が続く。中には「魔力ボーナス」と呼ばれる、場に魔力を与えてくれるものもある[1]
  • マッチは、クィディッチ・カップで追加されたカードである。カードには必要な魔力が書かれていて「クィディッチ」のレッスンカードが必要となる。マッチの「勝利条件」と、勝利条件を満たしたマッチの勝者が受け取る「プライズ」が書かれている。それぞれのプレイヤーにつき、1度に1枚しか場に出すことができない。
  • ロケーションは、ダイアゴン横丁で追加されたカードである。カードには必要な魔力が書かれていて、両プレイヤーに対して同じ効果をもたらす。両プレイヤー合わせて、1度に1枚しか場に出すことができない。

レッスンの種類と必要な魔力

ハリー・ポッター カードゲームのレッスンカードには、5つの種類がある。

呪文、魔法生物、アイテム、マッチ、ロケーションカードには「必要な魔力」が書かれている。これは、そのカードを出す際に必要となる魔力値を表している。基本的にはレッスンカードの枚数のことであるが、アイテムなどのカードの中にも、場に魔力を与えるものがある。また、レッスンのシンボルも書かれており、これはレッスンカードのうち、少なくとも1枚はそのシンボルでなければいけないという意味である[1]

キーワード

いくつかのカードには、カードの種類に加えて「キーワード」が書かれている。「魔法使い」や「魔女」、「ヒーリング」、ホグワーツの4つの寮である「グリフィンドール」「レイブンクロー」「ハッフルパフ」「スリザリン」などがある[1]

全キャラクターカードを含むいくつかのカードには、「ユニーク」というキーワードが書かれている。これは、1度に1枚しか存在できないという意味である。唯一の例外として、両プレイヤーが同じスタートキャラクターを使うことは認められている[1]

歴史

カードセット

ハリー・ポッター カードゲーム スターターセット

最初のカードセットは「基本セット」と呼ばれるもので、2001年に発売された。この116枚からなる基本セットの発売以来、「クィディッチ・カップ」(2001年)、「ダイアゴン横丁」(2002年)、「Adventures at Hogwarts」(2002年)、「秘密の部屋」(2002年)の4つの拡張セットが発売された。「Adventures at Hogwarts」の日本語版は未発売である。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 ハリー・ポッター カードゲーム スターターセットにおけるルールブック
J・K・ローリングハリー・ポッター シリーズ
賢者の石 小説 映画 ゲーム 映画のサントラ ゲームのサントラ
秘密の部屋 小説 映画 ゲーム 映画のサントラ ゲームのサントラ
アズカバンの囚人 小説 映画 ゲーム 映画のサントラ ゲームのサントラ
炎のゴブレット 小説 映画 ゲーム 映画のサントラ ゲームのサントラ
不死鳥の騎士団 小説 映画 ゲーム 映画のサントラ ゲームのサントラ
謎のプリンス 小説 映画 ゲーム 映画のサントラ ゲームのサントラ
死の秘宝 小説 映画1作目 ゲーム1作目 映画のサントラ1作目 ゲームのサントラ1作目
映画2作目 ゲーム2作目 映画のサントラ2作目 ゲームのサントラ2作目
呪いの子 脚本 舞台
ファンタスティック・ビースト (映画シリーズ)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 映画 スクリーンプレイ サントラ ゲーム
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 映画
その他の出版物 その他のゲーム
クィディッチ今昔 ハリー・ポッター カードゲーム
吟遊詩人ビードルの物語 LEGO Creator: Harry Potter/ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッター 序章 ハリー・ポッター クィディッチ・ワールドカップ
ハリー・ポッター とびだししかけえほん Harry Potter: Find Scabbers
ハリー・ポッター 公式ガイドブック 映像の魔術 Harry Potter DVD Game: Hogwarts Challenge/Wizarding World
ハリー・ポッター 映画大全 永久保存版 Harry Potter: Spells
LEGO Harry Potter: Building the Magical World レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章/第5章-第7章
LEGO Harry Potter: Characters of the Magical World LEGO Dimensions
Encyclopaedia of Potterworld (中止の可能性あり) Motorbike Escape
J.K.ローリング:ア・ビブリオグラフィー Harry Potter: The Quest
ハリー・ポッター魔法族大図鑑 / 魔法生物大図鑑 / 魔法界名所大図鑑 Harry Potter for Kinect
Pottermore Presents Wizard's Challenge
Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Art of The Film Fantastic Beasts: Cases from the Wizarding World
The Case of Beasts: Explore the Film Wizardry of Fantastic Beasts and Where to Find Them ブック オブ スペルズ
J.K. Rowling's Wizarding World: Movie Magic Volume One Wonderbook: Book of Potions
その他の公式 その他の映像/ドキュメンタリー
J・K・ローリング公式サイト ハリー・ポッターはこうして生まれた
ポッターモア The Queen's Handbag
ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター ハリー・ポッター 完結の瞬間 ~J.K.ローリングの一年~
Harry Potter: The Exhibition Magic Beyond Words: The J.K. Rowling Story
メイキング・オブ・ハリー・ポッター Harry Potter: Beyond the Page
ハリー・ポッター クィディッチ・ワールドカップ (ゲームのサウンドトラック) The Tale of the Three Brothers
人物場所
Advertisement