Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

ハンナ・ロングボトム(旧姓アボット)(1979年/1980年生まれ)とはアボット家に生まれた半純血魔女である。1991年ホグワーツ魔法魔術学校に入学しハッフルパフ組分けされた。彼女は有名なハリー・ポッターと同学年であった。

5年目、ハンナは監督生となり、ハリー・ポッターが教えて率いた組織ダンブルドア軍団のメンバーに加わった。1996年母親死喰い人たちに殺害されるとハンナは学校から姿を消したが翌年には戻って再びダンブルドア軍団に加入している。彼女は1998年ホグワーツの戦いにも参加して戦った。

その後ハンナは同級生であったネビル・ロングボトムと結婚し、漏れ鍋の女主人となって店の2階に夫婦で暮らした。やがて彼女は癒者としての訓練を受け、ホグワーツの校医の職に応募した。

経歴

幼少期

ハンナは1980年頃にイギリスまたはアイルランドで生まれた。彼の生まれたアボット家は間違いなく純血とされる「聖28一族」だったが、ハンナの時代には既に半純血になっていた。ハンナ自身も半純血であることから祖先の誰かが半純血もしくはマグル生まれと結婚した可能性が高い。

ホグワーツ在学時代 (1991年~1998年)

1年目

ハンナは11歳に上がるとホグワーツ魔法魔術学校に入学した。ハンナの名前は入学する生徒のアルファベット順で最初だったので、彼女は1991年に組分けされた最初の生徒になった。彼女はスーザン・ボーンズアーニー・マクミランと同じハッフルパフ寮に組分けされた。

2年目

ハンナが2年生になった時にホグワーツで秘密の部屋が再び開かれたとき、ハリー・ポッターサラザール・スリザリンの継承者であるとの噂が流れた。ハーマイオニー・グレンジャーバジリスクに襲われ石化した際、アーニーとハンナはハリーが決して彼女を傷けることはないと悟った。アーニーはハリーにスリザリンの継承者はドラコ・マルフォイなのか否かを尋ね、ハリーはきっぱり「違う」と答えた。ハリーがトム・リドルの日記を破壊しバジリスクを倒した後、マルフォイは継承者ではないことが明らかとなった。ハンナは石化した生徒が回復した後に年度末晩餐会に出席した。

4年目

912poaslytherinmed.jpg 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト


登場作品

Advertisement