Fandom


バックビークとは、のちにウィザウィングス(Witherwings)と改名されたヒッポグリフである。彼はハリー・ポッターホグワーツ魔法魔術学校3年生のとき、数頭のヒッポグリフと一緒にルビウス・ハグリッドに飼われていた。侮辱され挑発されたことに対してドラコ・マルフォイを攻撃したため、バックビークには死刑が宣告された。この決定は魔法省危険生物処理委員会から下された。委員会のメンバーの多くはドラコの父親、ルシウス・マルフォイに有罪に投票するよう脅されていた。

ハリー・ポッターとハーマイオニー・グレンジャー逆転時計を使用し、1994年にバックビークを逃がした。彼はシリウス・ブラックのペットとなり、1994年から1995年にかけてのブラックの逃亡生活に同行した。その後ブラックはグリモールド・プレイス12番地に身を隠すようになり、バックビークはブラックの母親の寝室で飼育された。

シリウスの死後、遺言によりバックビークはハリーの所有になったが、ハリーは彼をハグリッドの元に返した。バックビークは第二次魔法戦争最後のホグワーツの戦いに参加した。バックビークはハリーが危険に陥ったときに守るなど、彼に対して大いなる忠誠心と愛情を見せている。

関連項目

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。