FANDOM


ビンセント・クラッブ1979年/1980年1998年5月2日)とは死喰い人クラッブ・シニアの息子であり純血闇の魔法使いである。ビンセントの家系は闇の魔法使いにして死喰い人であり父親に加えて祖父もそうであった可能性がある。

ビンセント・クラッブはホグワーツ魔法魔術学校スリザリン生であった。彼とグレゴリー・ゴイルはほとんど常にリーダー格のドラコ・マルフォイと行動を共にしていた。ドローレス・アンブリッジ校長を務めていた間、クラッブはゴイルやマルフォイと尋問官親衛隊に加わった。そしてホグワーツ最後の年、彼は闇の魔法使いになった。死の呪い磔の呪いのような強力なカースを発する術を学んだ。1998年5月2日ホグワーツの戦いの最中、必要の部屋において彼は自らが発した悪霊の火に巻き込まれ死亡した。

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。