Fandom


ピーブズとは993年に創立されたホグワーツ魔法魔術学校に住み着くポルターガイストである。いたずらと混沌を好ピーブズは学校と学の人間、特に管理人アーガス・フィルチにとって悩みの種であった。彼をコントロールすることができる人物は血みどろ男爵アルバス・ダンブルドアのふたりのみであった。

1995年、ピーブズはホグワーツのほとんどの生徒と同じくドローレス・アンブリッジ高等尋問官を嫌っていた。彼は年度の終わりにアンブリッジが姿を消すまで嫌がらせのいたずらを仕掛け続けた。1998年、ピーブズはヴォルデモート卿死喰い人たちを相手にホグワーツの戦いに加わった。第二次魔法戦争終結後もピーブズはホグワーツに居座りトラブルを引き起こし続けた。

登場作品

関連項目

脚注

  1. スリザリンはSlytherin is available in the Nintendo DS version of レゴ ハリー・ポッター 第5章-第7章のニンテンドーDS版に登場する。このゲームの他のハードにおいては"ダウンロード用キャラクターパック"DLCにおいて使用可能。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。