Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

フランク・C・J・ロングボトムは、イギリス純血魔法使いであり、ヴォルデモート卿が台頭した時期の闇祓いをしていた人物である。彼はオーガスタ・ロングボトムの息子であり、アリス・ロングボトムの夫である。フランクと妻アリスは不死鳥の騎士団の団員であり、第一次魔法戦争死喰い人を相手に戦った。しかし、戦争も終局に近い1981年、彼は妻とともに死喰い人に捕まり、4人の死喰い人から拷問を受けた。磔の呪文を使った長期にわたる拷問でフランクは妻共々廃人になり、聖マンゴ魔法疾患傷害病院に入院した。

経歴

生い立ち

フランクは1950年代かそれ以前にロングボトム氏オーガスタとの間に一人息子として生まれた。ロングボトム家聖28一族に名を連ねる純血の一族だった。彼はホグワーツ魔法魔術学校で学んでいた可能性がある。

第一次魔法戦争

フランクはある時点でアリスと結婚し、1980年6月30日に息子ネビルが生まれた。ネビルは生まれてすぐに無意識に毛布に魔法を使ったが、これを目撃した人はいなかった。

不死鳥の騎士団のメンバーだったフランクは妻と共に第一次魔法戦争を戦い、多くの死喰い人や闇の魔法使いを一網打尽にした。この事実はヴォルデモート卿の怒りを買うことになったのである。この頃、占い師シビル・トレローニーが闇の帝王を倒す可能性がある2人を予言した。1人目はハリー・ポッターでもう1人はネビル・ロングボトムだった。これを聞いたセブルス・スネイプはこの情報をヴォルデモートに漏らした。ヴォルデモートは最終的に半純血のハリーを殺すことに決め、ポッター家を襲撃した。ロングボトム夫妻がこの予言を知っていたかは定かではない。

廃人となる(1981年~)

ポッター家の襲撃から間も無く、ロングボトム家にも死喰い人の魔の手が迫っていた。夫妻はロドルファスラバスタンベラトリックスそしてバーテミウス・クラウチ・ジュニアに襲われ遂には捕らわれた。彼らは夫妻に磔の呪文を使い拷問を加えた。拷問に加担した4人の死喰い人は後に魔法省に捕まり、アズカバンで終身刑を宣告されたが、長時間壮絶な拷問を受けたフランクは廃人となっており、もはや通常の生活を送ることが出来なくなっていた。彼はアリスと共に聖マンゴ魔法疾患傷害病院に入院された。夫妻はネビルを息子であると認識すら出来ない状態だった。フランクとアリスはこの病院に余生を過ごすこととなった。

フランクとアリスはネビルの子育てが不可能な状態になっていたため、彼の身柄は祖母オーガスタの手に渡った。以後、ネビルはオーガスタに育ててもらうことになる。ネビルはクリスマスや休日になると病院を訪れ、両親の顔を見に来ていたが、両親はネビルに反応することはなかった。ネビルは神秘部の戦いの最中、ベラトリックスから両親の置かれいる現状について罵倒した。ネビルはホグワーツの戦いの最中にベラトリックスがモリー・ウィーズリーによって殺されるのを目撃した。モリーはネビルの両親の仇を取ったのである。

性格と特徴

フランクは周りから尊敬される闇祓いであり、不死鳥の騎士団の一員だった。フランクは妻と共に息子を愛し、また、自分たちも愛されていた。しかし、拷問されて以降、フランクは自分の息子すら認識できない状態となったがネビルはフランクを愛していた。

Advertisement