Fandom


ブリジット・ウェンロック1202年1285年)は有名な13世紀数占い師であり、7という数の持つ魔法的特性を最初に確立した[4]。彼女は自身の定理に関して秘密主義なことで知られ、アイデアの多くは見えないインクで書き記された。

経歴

若い頃

ブリジット・ウェンロックは1202年コーンウォール地方のティンワースで生まれた[1]1213年から1220年までホグワーツ魔法魔術学校に在学。ハッフルパフに組分けされた彼女は、レイブンクロー生が賢いという固定概念を壊そうとした[3]

成人後

BridgetWenlockWriting

数占いの研究を自身の家があるティンワースで行っていた

ホグワーツ魔法魔術学校を卒業したのち、ブリジット・ウェンロックは数占いについて詳しく学び、数占い師になった。

他の多くの研究者たちと同じく、ウェンロックも自分の新発見に極めて秘密主義的だった。彼女はアイデアを見えないインクで書き、上下左右反転させて独特の分かりにくい筆跡を使用した。しかし彼女はうっかり屋でもあり、見えない文字を描いた紙片をすぐに失くしてしまう癖があった。そのため、ウェンロックが故郷で自分の通った道を行き来しながら、失われた計算を取り戻すため、拾った全ての紙切れに暴露呪文をかける光景は決して珍しいことではなかった[1]

ある日の朝食のさなか、ブリジット・ウェンロックは7が魔法的特性を持つという理論を思いついた。彼女はいつも通り見えないインクで封筒の裏側に思いついたことを書き留めたが、その日のうちに、同じ封筒でいとこに手紙を送ってしまった。ブリジット・ウェンロックは自身のに急いでまたがり、ふくろうに追いついたが、手紙を取り返すことはできなかった。ふくろうとの格闘で傷を負った後、結局ウェンロックはふくろうの後を追って600マイルも離れたジョン・オ・グローツのいとこの家へ同行することになった[1]

いとこの家でようやく封筒を取り戻したウェンロックだったが、暴露呪文によって現れたのは、単なるケーキのレシピだった。彼女が定理を書き記したのは実は封筒ではなく砂糖の小箱で、ウェンロックがティンワースに戻った時、小箱は台所のテーブルに以前と同じまま置かれていたのだった[1]。ちなみに、彼女はこの定理によって何世紀も後の時代まで優れた数占い師として名を残すことになる。

舞台裏

  • 興味深い事に、ブリジット・ウェンロック(Bridget Wenlock)という名前はファーストネームとファミリーネームがどちらも7文字である。

登場作品

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。