FANDOM


ヘレナ・レイブンクロー10世紀末~11世紀初頭)とは灰色のレディ(Grey Lady)という別名でも知られる魔女でありロウェナ・レイブンクローの娘である。彼女はホグワーツ魔法魔術学校に入学してレイブンクロー組分けされた。

入学後のあるとき、ヘレナは母親の髪飾りを盗んでアルバニアに逃げた。ロウェナは重い病気にかかり死の前に一度娘に会うことを望んだため、捜索のためヘレナに叶わぬ愛情を抱いていた血みどろ男爵を送り込んだ。ヘレナが帰国を拒むと激怒した男爵は彼女を殺し、その後後悔して自らも命を絶った。

ヘレナと血みどろ男爵はやがてゴーストとしてホグワーツ城に戻り、ヘレナはレイブンクローのゴーストとして憑き続けた。

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。