Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

ホグワーツ特急とはロンドンキングズ・クロス駅9と4分の3番線およびホグズミード駅の間を走る汽車である。必要に応じて、この列車は年に6回ほど運行している。ホグワーツ特急は年度の始まりと終わりに、生徒をホグワーツ魔法魔術学校に連れて行く、また連れて帰るという重要な役割を担っている。

この列車は9月1日午前11時、必ず9と4分の3プラットフォームに現れ、夕方にホグズミード駅に到着する。クリスマスとイースター休暇にホグワーツ特急を使ってキングズ・クロス駅に戻り家に帰る生徒もいる。

歴史

イギリスの田舎を通るホグワーツ特急。

ホグワーツに通う生徒はほうき移動キー、魔法生物の背中に乗りホグワーツ魔法魔術学校に通学していた。しかし、どの移動手段も生徒の安全を確保するには危険かつ不十分であり、移動の最中に事故にある可能性を孕んでいた。

1827年魔法大臣オッタリン・ギャンボルは、これらの問題を解決する為に大胆な交通改革を行った。当時、マグル社会では産業革命が進展し、蒸気機関を動力源とする蒸気機関車が発明され実用化されていた。オッタリンはこの蒸気機関車に着目し、ホグワーツ生の通学に利用できないかと考えた。そしてマグルの技術者使い、蒸気機関車の建設を行った。

蒸気機関車が完成後、建設に協力したマグルの技術者は記憶修正呪文を掛けられ、魔法界の情報が外に漏れないよう工作した後、マグル社会に返された。この翌日、ホグズミードの住人は突如として現れたホグズミード特急の機関車に驚いたと云われている。しかし、一部の純血主義者マグルの製品を魔法使いの輸送手段として使うことに抵抗していた(彼らは機関車を「安全性に欠け、不衛生である」と批判した。)キングズクロス駅ホグズミード駅1850年代に完成し、ホグワーツ特急も本格的な運航を始めた。

トリオはホグワーツ特急で初めて出会った。

ハリー・ポッターロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャーと初対面したのはホグワーツ特急であった。彼は他にもネビル・ロングボトムウィーズリー家の人間とホグワーツ特急内で初めて知り合いになった。このようにホグワーツ特急はハリーと後に重要な役割を果たす人との出会いの場だった。

ハリーは1993年に車内で初めて吸魂鬼と出会った。列車はアズカバンの脱獄者シリウス・ブラックが乗っていないか調べる為に吸魂鬼によって止められていた。1996年にはダンブルドアの葬儀の後に家に帰るホグワーツ生を乗せた。

内部

個室の内部。

ホグワーツ特急の機関車は全て自動化されており、魔法の力で動いていた。客車は個室や開放式の座席があり、個室については廊下との仕切りがあった。ホグワーツまでの長い道のりで生徒は客車でお菓子を食べたりして過ごしていた。

登場作品

Advertisement