Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

マグル学は、ホグワーツ魔法魔術学校の選択科目の1つで、マグルについての学問である。

情報

マグル学の授業は、マグルが魔法を使わずどのように生活していたかを理解することを主目的としていた。 1つの既知のエッセイのトピックは、「マグルが電気を必要とする理由を説明せよ」でした。それは3年目から7年目まで教えられるマグル学通してのテーマだった。マグルははOWLNEWTの両方の試験があり、おそらく筆記試験と実技試験がある。

マグル学はソフトな選択肢であると考える人もいたが、パーシー・ウィーズリーなどは、魔法界がマグル社会を理解することが重要であると考えた。彼の父親アーサーはその好例である。

ホグワーツ魔法魔術学校の5年生に職業アドバイスの際に配布された「マグル関係で働きたいと思いますか?」という主題のパンフレットには、マグルと関わる仕事は、熱心さと共にに、マグル学におけるOWLが必要であると述べられている。

魔法使いはマグル学の授業一環としてインターネットを使用した可能性があるが、それ以外で、魔法界ではインターネットはほとんど使用されなかった。

教室

マグル学の教室は、マグル界が使用する道具を展示するからアクセス可能な1階の教室で行われた。

歴史

1990年以前

クィリナス・クィレルは、1990年までホグワーツ魔法魔術学校でマグル学を教えていた。1990年に1年間の休暇を取り、アルバニアで過ごした後、ホグワーツに戻り、闇の魔術に対する防衛術の教授になった。

1990年-1991年

アリフ・シカンダー1990年から1991年の間、クィレルが旅行に離れている間、マグル学の教授になった。彼は、ダイアル式電話など、マグルの生活について学生に教えた。学年が終了後、彼がホグワーツでこの主題を教え続けたかどうかは不明である。

1992年-1993年

1992年までのある時点で、男性の魔法使いがマグル研究教授に就任した。彼は1993年までにマグル学の教授を辞めたと思われる。

1993年-1997年

ハーマイオニーグレンジャーは、マグル生まれであるにもかかわらず、3年目にマグル学と他のすべての授業を受講した。彼女は魔法使いの視点からマグルを研究することを望んでいた。彼女はマグル学のクラスで成績優秀であったが、カリキュラムが厳しいと感じ、学年末にやめた。

1997〜 1998年

1997年、マグル学教授のチャリティー・バーベッジは、死喰い人によって捕まり、マルフォイの館でヴォルデモートの死の呪文で殺された。マグルと魔法使いの交わりについて肯定的な見解を述べたのが殺された理由である。

チャリティの死の前にセブルス・スネイプに解放してくれるよう頼んだ。しかし、多くの死喰い人がいるなかで、二重スパイがばれるのを防ぐために、スネイプは彼女を見殺しにすることを余儀なくされ、その後彼女は殺された。チャリティの死体はナギニによって補食された。

ヴォルデモートが魔法省を陥落させた後、死喰い人のアレクト・カローがマグル学の新しい教授に任命され、バーベッジ教授は新聞で「辞任した」と記された。カローはマグルが「動物のようで、愚かで汚い」とし、反マグル思想を教えた。

戦後

ヴォルデモートの死後、アレクト・カローはアズカバンに投獄され、マグル研究は以前の授業に戻された。戦後、誰がマグル研究を引き継いだのかは不明である。

既知の教授

  • 男性教授 (1990年1993年)
  • 不明(1998年–?)

'

Advertisement