Fandom


魔法省が来いと言えばすっ飛んでいくクズだとでも?いったい誰に向かって物を言ってるのか、わかってるのか?この小汚ねえ、ちんちくりんの穢れた血め! マールヴォロ・ゴーント
マールヴォロ・ゴーントとは純血魔法使いであり、ゴーント家の一員でサラザール・スリザリンの子孫である。娘メローピーはのちにヴォルデモート卿となるトム・マールヴォロ・リドルを出産しマールヴォロは彼の母方の祖父となった。マールヴォロは息子モーフィンとともにボブ・オグデンら数人の魔法省役人を襲撃した罪でアズカバンに短期間収監され、釈放された直後に死亡した。彼はまた、大きな金の指輪スリザリンのロケットを所持し、純血の家系を誇示するのに利用していた。マールヴォロはゴーント純血の家に生まれ、彼と彼の子供であるモーフィン・ゴーントメローピー・リドルは、サラザール・スリザリンの最後の生きた子孫のでした。何世紀にもわたる近親交配は、貧困と家族の不安定と暴力を引き起こしました。その結果、彼と彼の子供たちはリトルハングルトンの近くの荒廃したコテージで住んでいました。

事件

精神的に混乱し、魔法をマグルに見せないをほとんど考慮していないモーフィンは、マグルの前で頻繁に魔法を使用し、マールヴォロは彼の行動を承認しました。これにより、彼は魔法省と対立することになった。魔法法執行部長のオグデンがこの問題に対処するために彼の住居を訪れたとき、彼らは激しく抵抗した。マルヴォロはモーフィンの行動を正当化し、オグデンの主張に抵抗した。そして、彼はオグデンの来訪中にメローピーを考察しようとし、止めにかかったオグデンに対しても攻撃した。その後、モーフィンもオグデンに向かって呪文を次々と放ち、父親を援護した。オグデンは魔法省に戻って15分以内に援軍を連れて戻りました。マールヴォロとモーフィンは警察と大きな戦いに巻き込まれたが、最終的には鎮圧され逮捕された。二人はウィゼンガモットの前に連れて行かれた。マルヴォロは裁判にかけられ、魔法警察への攻撃、逮捕への抵抗、メローピーへの攻撃未遂、ウィゼンガモットへの辱罪で起訴された。マールヴォロはすべての罪で有罪となり、1925年半ばから後半にかけて6ヶ月の禁固刑を言い渡されました。

事件後

マールヴォロが再び自由となり、リトルハングルトンに戻ったとき、彼の期待は、家に帰るとメローピーが暖炉に火を焚き、彼女の父を抱きしめて、彼の帰りを期待して温かい食事を待っていることだった。しかし彼が家に帰るとそこには大量に埃と結婚したことを告げるメローピーの手紙だけだった。マールヴォロはこれを知って驚いたが、血を清くしないために、魔法使いの男性の一人がメローピーを求愛してくるかもしれないという控えめな期待を抱いていたので、彼はとてもショックだった。メローピーの脱走の衝撃は非常に大きかったので、彼は早く死に至りました。他の要因には、彼が刑務所にいたことによって彼が非常に衰弱していること、そして彼はおそらく自分自身を養うことを学んでいなかったことが含まれていました。マルヴォロの正確な死の日付は不明であるが、モーフィンは、彼自身が刑務所から釈放され、ハングルトンに戻ったときに、コテージで父親の死体を発見したと話した。マールヴォロの死後、マールヴォロの死体に何が起こったのかは不明であるが、モーフィン・がマグルの葬儀ディレクターのサービスを求め、ソレノア・マクゴーンなどの魔法葬儀担当室が死体を片付けに来て、地下に埋めた可能性が高い。

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。