Fandom


ユーラリー・"ラリー"・ヒックス教授は、1920年代後半にイルヴァーモーニー魔法魔術学校で呪文学を教えていたアメリカ人の魔女である[2]

経歴

1927年ニコラス・フラメルは、自身の持つ魔法の本を通じてユーラリー・ヒックスと会話をした。フラメルはヒックスに促され、ニュート・スキャマンダーを助けに向かった[3]

名前の由来

  • ユーラリー(Eulalie)はエウラリア(Eulalia)のフランス語形である。これは、甘い口調を意味するギリシャ語のευλαλος(エウラロス)がもととなっている。このエウラロス自体の語源は“良い”を意味するευと“話す”を意味するλαλεωである。

舞台裏

登場作品

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。