Fandom


 
61行: 61行:
 
[[no: Rita Slita]]
 
[[no: Rita Slita]]
 
[[cs:Rita Holoubková]]
 
[[cs:Rita Holoubková]]
  +
[[カテゴリ:1951年生]]
  +
[[カテゴリ:伝記作家]]
  +
[[カテゴリ:イギリスの人物]]
  +
[[カテゴリ:いじめっ子]]
  +
[[カテゴリ:陰謀論者]]
  +
[[カテゴリ:日刊予言者新聞のスタッフ]]
  +
[[カテゴリ:女性]]
  +
[[カテゴリ:緑色の瞳の人物]]
  +
[[カテゴリ:ジャーナリスト]]
  +
[[カテゴリ:不死鳥の騎士団の協力者]]
  +
[[カテゴリ:未婚の人物]]
  +
[[カテゴリ:未登録の動物もどき]]
 
[[カテゴリ:魔法使い]]
 
[[カテゴリ:魔法使い]]

2019年3月10日 (日) 13:21に更新

あなたって、最低の女よ。記事のためなら、なんにも気にしないのね。誰がどうなろうと リータ・スキーターに対してハーマイオニー・グレンジャー
リータ・スキーター1951年生まれ)とは、「日刊予言者新聞」において、虚偽の情報と誘導的なインタビューに基づいて中傷記事を多く書いた魔女のジャーナリストである。同時に暴露的な伝記も数冊著している。彼女に批判的な記事を書かれたアルバス・ダンブルドアはそれを「魅力的な毒舌」と評した。

第一次魔法戦争終結後に行われた多くの死喰い人への尋問、三大魔法学校対抗試合の報道に関わり、1995年にはいやいやながらもヴォルデモート卿復活を証言するハリー・ポッターの記事を「ザ・クィブラー」で発表した。リータはまた、アーマンド・ディペットアルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプ、ハリー・ポッターたちの伝記も執筆した。彼女の記事は時として扇動的でありあからさまな嘘を含んでいた。未登録のコガネムシ動物もどきという能力が情報収集に役立っていた。

登場作品編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。