Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

本屋の前を通り、楽器店、ハンバーガー屋、映画館を通り過ぎたが、どこにも魔法の杖を売っていそうな店はなかった。 ロンドンでハグリッドと一緒に初めてダイアゴン横丁へ向かっている途中のハリー

ロンドンは、イングランドイギリスの首都。イングランドの南東部に位置するロンドンは、イギリスの商業や政府の中心地であり、マグル魔法使い魔女が住んでいる。

歴史

昔のロンドンの泥棒

エルドン・エルスリックル、昔のロンドンの盗人

17世紀初頭、魔法使いエルドン・エルスリックルは投獄されることを避けるためアフリカへ逃亡。当時の西洋では知られていなかった開錠呪文について学んだ[1]

その後ロンドンへ戻ったエルスリックルは開錠呪文を使ってマグル魔法使いの家に押し入り、ロンドンを恐怖に陥れた。ロンドン出身のブラッグドン・ブレイは、自宅に二週間で十九回も泥棒に入られたため開錠防止呪文を発明。エルスリックルが強盗できないようにし、ロンドン市民に安心をもたらした[1]

ロンドン大火

ロンドン大火が起きたのは、1666年9月2日、日曜日の事。ロンドンの中心部を席捲した大火であった。マグルの間ではロンドン大火はプディング・レーンのパン屋のボヤが原因だといわれている。しかし魔法界では意見が割れており、出火元がパン屋だったのか、そのすぐ隣の、若いウェールズ・グリーン普通種ドラゴンのいたとされている地下室からだったのか、論議の的となっている[2]

19世紀

ハーバート・ヴァーニー卿

19世紀後半にはロンドンの貧しい市域の状況が悪化し、暴力、強盗、売春、暴動、アルコール依存症などが蔓延していた[3]

1926年ニューヨーク・ゴースト紙は、ヨーロッパの闇祓いによるゲラート・グリンデルバルドの捜索活動が、ロンドンを含むヨーロッパ全域にかけて進行中だと報道した[4]

1880年代に起きた恐怖の犯罪といえば、吸血鬼ハーバート・ヴァーニー卿がロンドンにいた女性を捕食したということ。結局彼は魔法生物規制管理部によって派遣された特殊部隊によって狩りだされた[5] 。大体同じ時に旧ロンドン市街にて、ブルガニング・ボガートと知られているまね妖怪が、ロンドンの裏道を徘徊したため人々は恐怖に襲われることになった。殺人者となる前に簡単な呪文によってこのまね妖怪はハムスターへ変身させられた[6]。この二つの事件は、マグルは連続殺人だと説明しており、ジャック・ザ・リッパーという名前になっている。

カラクタス・フェルプスの悪戯

1979年4月1日に、カラクタス・フェルプスダイアゴン横丁にある、日刊預言者新聞が本拠地としている建物の屋根から800個以上の臭い玉を投下した。結果としては、この臭い玉のにおいはロンドン中で不快感をもたらすこととなり、は500件以上も報告された。マグルの官庁は、この臭いは近くの工場からだされた不快感をもたらす排出物だと説明した[7]

ミレニアム橋が破壊されたのちにロンドンの空に打ち上げられた闇の印

第二次魔法戦争

ロンドンでは、第二次魔法戦争の影響は非常に大きいものであった。ヴォルデモート卿の存在が明らかになり、力が強大なときには多くの人々は攻撃され傷つき、多くの建物や家屋は破壊されて荒廃することになっていた。エメリーン・バンスダウニング・ストリート10番地の近くで死亡したことが判明し[8]ダイアゴン横丁ではギャリック・オリバンダーが誘拐され、フローリアン・フォーテスキューも拉致された[8]

重要な場所

政府関係

ロンドンのある通りにある魔法省への一般訪問口。

ロンドンは重要な都市である。その理由はイギリスの政府が集中しているためである。以下は、その政府のある場所:

商業関係

ロンドンはマグル魔法使いも両方が使用している公共の中心。以下は、その商業関係の場所:

  • ルチノ・カフェ
  • パディントン駅のハンバーガー店[11]

ダイアゴン横丁

  • チェスター・スティーブンス不動産店[12](マグルの不動産店)
  • ダイアゴン横丁[11](多くの店が立ち並ぶ商店街)
  • グラドラグス・魔法ファッション(魔法使いの衣料品店)
  • ジョン・ケント八百屋[13](マグルの八百屋)
  • 夜の闇横丁[14](闇の魔術に関する商品を売っている商店街)
  • プディング・レーンのパン屋[2](以前)
  • スクリード&サンズ
  • 漏れ鍋[11](『二つの世界を結ぶポータル』ダイアゴン横丁の入口としても使われている)
  • 第三書店[12](大きな書店)

機関関係

ロンドンには多くの重要な機関が存在している。以下はその例:

グリンゴッツの本拠地

他の場所

舞台裏

  • 映画の中では、実際のロンドンの場所が撮影されていることがある。ロンドンの中心部は、ハリーを自宅から不死鳥の騎士団本部に連れて行くときのシーンは、ハリーやそのほかの騎士団員テムズ川を通って飛んでいたなど、映画の様々な場所で使用されている。
  • ミレニアム橋が崩壊するときのシーンも、崩壊前まではロンドンの実際の端の上で撮影された。
  • ロンドンでは映画のプレミアが開催された。

登場作品

闇の印死喰い人がロンドン上空から現れたとき

脚注

  1. 1.0 1.1 ブック オブ スペルズ
  2. 2.0 2.1 Fifth question of the third W.O.M.B.A.T. at J.K.Rowling's Official Site
  3. 19th century London, on Wikipedia
  4. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (この画像を参照)
  5. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (ゲーム) (有名な魔法使いカードでの言及)
  6. Writing by J.K. Rowling: "Boggart" - Pottermore
  7. ハリー・ポッターと秘密の部屋 (ゲーム) - GameCube/GameBoy Advance Link (Harry reads about this on a Hint Book, at Gringotts)
  8. 8.0 8.1 8.2 ハリー・ポッターと謎のプリンス』第1章 むこうの大臣
  9. 女王のハンドバック
  10. 10.0 10.1 10.2 ハリー・ポッターと謎のプリンス (映画)
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 11.4 ハリー・ポッターと賢者の石』第5章 ダイアゴン横丁
  12. 12.0 12.1 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (映画)
  13. ハリー・ポッターと賢者の石 (映画)
  14. ハリー・ポッターと秘密の部屋』第4章 フローリシュ・アンド・ブロッツ書店
  15. 日刊予言者新聞時報
  16. ハリー・ポッターと死の秘宝』第15章 小鬼の復讐
Advertisement