Harry Potter Wiki
Advertisement
Harry Potter Wiki

ローワン・カナは本を読むのが大好きで、ホグワーツ史上最年少の先生になることを目指している。ローワンの知識があれば、どんな謎も解くことができるだろう ローワン・カナの描写

ローワン・カナ1972年12月-1990年)は、1984年ホグワーツ魔法魔術学校に入学したインド系イギリス人の魔法族である。ローワンの家族林業を営んでおり、を製造するための上質な木材を生産していた。

ローワンはホグワーツ史上最年少の教授になることを熱望していたが、1990年に闇の魔女であるパトリシア・レークピックの手により殺害され、この夢が実現することはなかった。

経歴

生い立ち

ローワンは1972年12月にイギリスで生まれた。両親は林業に従事しており、杖の材料となる木材を提供していた。ローワンは小さな頃から読書に熱中し、ホグワーツ入学前まで友達を作ったことはなかった。

ダイアゴン横丁で学用品を購入している際に、将来同じ寮になるジェイコブのシブリングと出会い、友達になった。2人は列車の中でも再開することを約束した。

ホグワーツ在学時代(1984年~1990年)

1984年にローワンはホグワーツに入学しジェイコブのシブリングと同じ寮に組分けされた。

魔法薬学の最初の授業が始まる前、ジェイコブのシブリングら魔法薬学の教室の前でスリザリン寮の生徒メルーラ・スナイドがローワンをいじめようとしているのを発見した。ローワンはいじめから掻い潜ろうとするが、メルーラには通用せず見かねたジェイコブのシブリングはローワンを助けるため、メルーラの前に立ちはだかった。その時、セブルス・スネイプが3人に教室に入るよう注意された。ローワンは助けてくれたジェイコブのシブリングに感謝した。

その後、ジェイコブのシブリングがメルーラと決闘することになり、彼は監督生から決闘に勝つ方法を学ぼうとした。ローワンはいくつかの決闘の本をジェイコブのシブリングにあげた。

ジェイコブのシブリングがメルーラと決闘した後、2人は廊下でスネイプ教授が呪われた部屋について話をしているのを盗み聞きし、ローワンにこのことを話した。3人は廊下へ向かい、鍵のかかったドアを見つけたがミセス・ノリスが廊下にいたため3人は忙いで寮の談話室へ戻った。

4年目

5年目

ローワンは5年目に未知の術者によって服従の呪文をかけられた。操られたローワンは時計塔の中庭で突然友人を攻撃した。その後彼は「友人の1人は死ぬだろう」と警告を残した。ローワンはバーナビー衝撃呪文で倒れ、医務室へと運ばれた。ローワンは服従の呪文にかけられていた頃の記憶が無かったようである。

6年目・そして死

ローワンは呪文学闇の魔術に対する防衛術魔法薬学魔法生物飼育学薬草学魔法史OWLを達成し、NEWTレベルに進んだ。

ホグズミード駅の談笑

ホグズミード駅でジェイコブのシブリングと戯れるローワン。彼が生前ジェイコブのシブリングと話すのはこれが最後となった。

ローワンはジェイコブのシブリングとホグズミード駅ホグワーツ特急に乗車している魔女から惚れ薬に使う月長石の粉と真珠の粉末を受けとるため待っていた。ローワンが彼に惚れ薬を何に使うかを問うと彼は魔法省へ潜入するために必要な魔法薬であると答えた。魔法省に潜入する話を聞いたローワンは彼が何度となく大変な目に逢っていることから心配になった。

時計が汽車の到着時刻である10時10分を指しているにも関わらず、一向に汽車が来ないことに2人は時計が壊れているのではないかと感じた。汽車が来るまでの間、2人は近況を話し合った。ローワンは新しいことをはじめ、勉学の他に他の生徒に勉強を教えていることを彼に話した。ジェイコブのシブリングは呪われた部屋の探索でローワンと話す機会が少なくなり、疎遠になるのではと心配したが、ローワンは自分の風変わりな性格晒け出せる存在はジェイコブのシブリングを置いて他におらず、彼にもそういう存在であって欲しいと気持ちを吐露した。

近況を話すうちに2人は1年次に起きたメルーラとの決闘の話に移った。ローワンはその際にくすぐりの術をジェイコブのシブリングに教えたことから実際の決闘にその呪文を使ったのか彼に尋ねた。彼はそれに頷き、最近のメルーラが笑った姿を見ていないと回想した。ローワンもジェイコブのシブリングの笑う姿を長年見ていないことに一抹の思いがあった。ローワンはその後、ジェイコブのシブリングにくすぐりの術をかけ、彼も同じようにくすぐりの術をローワンにかけ、笑いあった。

笑い合ううちに汽車が到着し、ジェイコブのシブリングは魔法薬の材料を受け取った。ローワンは大笑いしたのか、脇腹がいたくなり寮の寝室に戻った。ローワンとジェイコブのシブリングの交わす最後の会話となった。

禁じられた森の戦闘

1990年ジェイコブのシブリングメルーラ・スナイドベン・コッパーの3人はRの手掛かりを探すために禁じられた森へ向かった。探索の途中で3人は吸魂鬼の群れと遭遇した。そこに現れたのはパトリシア・レークピックだった。彼女は守護霊の呪文で吸魂鬼を追い払った後、3人に対して攻撃を始めた。その最中にレークピックはベンに向けて死の呪いを放った。駆けつけたローワンはベンの前に立ちふさがって自らの命を犠牲にして、友達を救ったのである。

死後

私達は皆自分で決めて行動するの。何もかも決められてる人生なんて退屈以外の何物でもないわ……私はホグワーツ最年少の先生にはなれないし、首席にももうなれない。だからこそ「どんな時」も特別に感じられるの…私はいつもあなたと一緒よ。 ジェイコブのシブリングを励ますローワン

ジェイコブのシブリングにアドバイスするローワンのゴースト

ローワンの死はホグワーツ中を悲しみに包んだ。アルバス・ダンブルドアは彼の人生と友を守る勇気を讃えた。ジェイコブのシブリングたちはローワンを死を受け入れられずにいた。 ジェイコブのシブリングたちはローワンの敵を取ることを誓った。彼らは極秘に秘密組織を結成し、名前をローワンを記念してカナの輪と名付けた。

1990年のある時点でローワンはゴーストとなってジェイコブのシブリングと再開した。ジェイコブのシブリングは自分がダンブルドアから首席候補に上げられていることについて複雑な心境をみせていた。かつて首席になることを夢見ていたローワンに対して自身が本当に首席に相応しい人物かどうか悩んでいた。ローワンとゴーストという形で再開した彼はあの時点で付いてくるなと伝えたらローワンが死ぬことはなかったと後悔の念を吐露した。それに対してローワンは付いていったのは自分の選択の1つであると答え、ジェイコブのシブリングは首席になるべきであると後押しし、「前に進むには振り替えることも大事」と彼にアドバイスした。

特徴と性格

自ら魔法史の教鞭を取るローワン

ローワンは常日頃から読書に耽るなど知識に貪欲であり、ホグワーツ最年少の教授になることが夢だった。彼はアルバス・ダンブルドアが特に好きであり、ゴブストーンで遊ぶことが趣味だった。

ローワンは友達に非常に強い義務感と忠誠心をもった人物だった。ローワンはベン・コッパーを良く思っていなかったにも関わらず、禁じられた森パトリシア・レークピックの放った死の呪文からベンを自らを犠牲にして守ったのである。

魔法能力と技術

  • 杖の術:杖の材料となる木材職人を営んでいたカナ家は杖の術について豊富な知識を持っていた。
  • 呪文学:ローワンは強い呪文を出すことに苦労し、ジェイコブのシブリングの力を借りる場面が何度かあった。しかし彼はOWLで優もしくは良を達成し、NEWTレベルに進んだ。このことから一定の能力はあると考えられる。
  • 魔法薬学:魔法薬学ではジェイコブのシブリング程熟練はしていなかったものの、様々な魔法薬に精通していた。ローワンは入学して最初の授業でジェイコブのシブリングが醸造したおできを治す薬に揮発性の材料ブルバドックスの粉末が含まれていることに真っ先に気付き、その影響をジェイコブのシブリングに説明することができた。彼はOWLで優を達成し、スネイプのNEWTレベルの授業に進むことができた。
  • 変身術:ローワンはOWLを達成し、NEWTレベルに進んだ。このことから変身術に熟練している。
  • 薬草学:ローワンはOWLを達成し、NEWTレベルに進んだことから薬草学に精通していた。
  • 魔法史:ローワンは魔法史が好きで、多くの歴史的出来事を熟知しており、カスバート・ビンズですら彼の知識を称賛し認めた。彼は授業中、多く生徒が眠る中で授業を真剣に聞き、自身も本を片手に教鞭を取ることがあった。彼はこの分野でOWLを達成し、NEWTレベルに進んだ。ローワンのこの膨大な歴史は知識は彼が魔法史の教授になることを示唆した。
  • 指導能力:ローワンは優れた指導能力を持っていた。魔法史の授業では役に立たないビンズ教授の代わりに率先して自ら教卓に立ったことがあった。

舞台裏

  • ハリー・ポッター:ホグワーツの謎』において、ローワンには性別やは設定されていない。ローワンの性別と寮はプレイヤーが操る主人公と同じになるようにプログラムされている。
  • ローワンはセドリック・ディゴリーの人生に類似している。ローワンはセドリックと同じ17歳に死の呪文で殺されている点、成績優秀な生徒だった点、そして正義感溢れる青年であるなど多くの面で共通していた。また、ハーマイオニー・グレンジャーとも知性、忠誠心、博識があるという共通する点があった。
  • ローワンは、容姿とその名前から彼はインド系であることが仄めかされている。
  • アショク・カナという人物がゲーム版ハリー・ポッターアズカバンの囚人で登場しているがローワンと同じ家族であるかは不明である。しかし、年齢を考えれば兄弟である可能性がある。

登場作品

Advertisement