Fandom


ワルデン・マクネアとは闇の魔法使いであり、ヴォルデモート卿による死喰い人の初期メンバーである。彼は第一次魔法戦争に参加して戦った。ヴォルデモート卿が初めて力を失った際、マクネアは彼を探すことはなかった。しかし1995年復活したヴォルデモートはマクネアを許した。彼はアズカバン収監を逃れ、処刑人としてイギリス魔法省に仕えた。

マクネアは1995年に主人の復活の場に姿を見せ、第二次魔法戦争の戦いにも参加した。彼は神秘部の戦いに参加した後にアズカバンに収監された。1997年に脱獄しホグワーツの戦いに参戦したが、ルビウス・ハグリッドによって壁に投げつけられてしまった。ヴォルデモート敗北後の彼の運命は不明である。

舞台裏

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。