Fandom


912poaslytherinmed 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト

日刊予言者新聞は、ロンドンに本拠地のある新聞紙。イギリス魔法使いにとって重要な情報源となっている。ダイアゴン横丁の本社にいるバーナバス・カフが編集長を現在勤めている。イギリス、そしておそらくアイルランドにも多くの読者がいるこの新聞紙は、これまでに魔法省に強く弾圧されていたことがあり、間違った情報を伝えていることがあった。残念ながら、日刊予言者新聞は事実の正確さよりも売り上げの方が重要だと考えている人物が少なからずいる。

日刊予言者新聞には朝刊以外に夕刊と日曜版があり、それぞれ夕刊予言者新聞日曜版予言者新聞と呼ばれている。重大な事件が発生したときは速報が配信される。変幻自在術を使用してニュースが変わった時にはその日の版が変化するようになっているのかもしれない。

歴史

創刊

日刊予言者新聞は1743年に創刊された[1]。同年、日刊予言者新聞が反マグル過激派のリーダーギデオン・フラットウォージーのことを評し「魔法使いというよりは怠け者のセイウチのような人物。悪臭を放つクッションにひがな一日寝そべっているだけで、皆からの尊敬を得られると思っている」と書いたことは有名である。

20世紀初頭

DailyProphet-29November1926

1926年11月29日の日刊予言者新聞の記事

日刊予言者新聞はゲラート・グリンデルバルドの脅威が増加して支配を進めていたとき、魔法大臣ヘクター・ファウリーホグワーツ魔法魔術学校のセキュリティ対策の強化の詳細を説明した。

近年

魔法省の隠蔽

たしかに、ファッジは『予言者新聞』にてこ入れしている。でも、どっちみち同じことざんす。ハリーがまともに見えるような記事は載せないね。そんなもの、誰も読みたがらない。大衆の風潮に反するんだ。先日のアズカバン脱獄だけで、みんな十分不安感を募らせてる。『例のあの人』の復活なんか、とにかく信じたくないってわけざんす ハリー・ポッターアルバス・ダンブルドアの信用を失わせているときの日刊予言者新聞の役割について話すリータ・スキーター

Daily prophet the boy who lies

魔法省によって嘘の記事を流した日刊予言者新聞

魔法省ハリー・ポッターアルバス・ダンブルドアの事を信用できないとして誹謗中傷し、日刊予言者新聞の事をハリー・ポッターとアルバス・ダンブルドアが気ちがいだと人々に思わせるための道具として扱われた。

第二次魔法戦争

『日刊予言者』?ダーク、まだあんなくだらん物を読んでいるなら、騙されても文句は言えまい。本当のことが知りたいなら、『ザ・クィブラー』を読むことだ 日刊予言者新聞を激しく侮辱するテッド・トンクス

DeathEaterTerrorContinues

第二次魔法戦争中の日刊予言者新聞は、死喰い人のもたらす恐怖の数々を報道した

神秘部の戦いの後、魔法省ヴォルデモート卿の復活の受け入れを余儀なくさせられた。そのため、ヴォルデモート卿の復活が一般的に報道されるようになると、ヴォルデモート卿死喰い人の活動は激しくなり、日刊予言者新聞は毎日魔法使いマグルの死亡事故や事件を報道した。例えば、アメリア・ボーンズエメリーン・バンズの死亡やスタン・シャンパイクの誤逮捕、亡者のふりをして捕まったマンダンガス・フレッチャーなどである。

死喰い人魔法省を乗っ取ったとき、死喰い人は一緒に日刊予言者新聞も乗っ取り、その後は死喰い人の行った行動など、ヴォルデモート卿に関する事を報道させなくした。また、死喰い人は真の魔法使いから魔法を盗み、魔法使いになったのがマグル生まれだとした偽の情報を多く含むニュースを掲載した。このような事に対することを行ったものは、ポッター・ウォッチや、ザ・クィブラーである。

そして、キングズリー・シャックルボルト1998年魔法大臣になった時に日刊予言者新聞は死喰い人の手から戻り、腐敗した報道をしなくなった[2]

概要

分布

ザ・クィブラーなどの小規模にしか流通していない刊行物は別として、イギリスには新聞紙が一つだけある。ダイアゴン横丁に本拠地のある日刊予言者新聞は、イギリスのほぼすべての魔法使いの家にふくろうで届ける。支払いの方法は、ふくろうの足に縛られているポーチにお金を入れる事である。時々(イギリスに空飛ぶフォード・アングリアが出たりなどの特に興味深い事が起きたとき)、夕刊予言者新聞が急に出される。このような時の料金は1クヌート。ふくろうホグワーツにも朝に教授や生徒にも届ける。

日刊予言者新聞の報道は多くの場合世論を動かす。日刊予言者新聞がハリー・ポッターアルバス・ダンブルドアの事を中傷して居た時は、魔法使いのほとんどの人々がこの話を信じていた。魔法使いの世界で最も広く読まれている代替新聞はザ・クィブラーである。

情報の完全性

この夏はいろいろと噂があった。もちろん、何を信じるべきかは分からんがね。『日刊予言者新聞』は不正確なことを書いたり、間違いを犯したことがある― 日刊予言者新聞について話すホラス・スラグホーン

Skeeter2

日刊予言者新聞のジャーナリスト、リータ・スキーター

日刊予言者新聞は事実のみを報道するとているが、それは信じられないほど腐敗しており、欺瞞的であるという否定的な評判がある。確かに新聞は強く魔法省に統制させられてきたが、事実が誤解を招く可能性がある。完全的ではないにしても、情報収集の方法はあまり倫理的ではない。魔法省が弾圧をして日刊予言者新聞に正式な情報源があるかのように見せかけているが、ハリー・ポッターなどの人物は日刊予言者新聞が魔法省に対して大きく傾いていると感じている。

また、日刊予言者新聞は誤解を招くような書き方をすることもある。実際、正確な情報ではあるが、読んでいる人は誤解をしてしまうように書いていることがある。また、日刊予言者新聞は不正確であったり、中傷的な内容を含んでいることもある。どれにせよ、正確な情報は考慮されていないが、その結果や説明の責任はない。

日刊予言者新聞の中で最も非倫理的手段を用いて正確さや真実性、客観性を完全に無視している記事をあげるジャーナリストのリータ・スキーター―多くの場合、対象者の話した事を自動的に書き込む自動速記羽ペン(Q.Q.Q.)でインタビューを行っている。しかし、この羽ペンは対象者の話した事を正確に記録していない代わりに、実際には全く言っていない驚くべき不正確な文章を作り上げていく。さらに違法な手段で特定の人物を監視するために自分自身がコガネムシに変身できるように無登録の動物もどきになっている。

特徴

日刊予言者新聞は、魔法界での出来事をすべて報告している(しかし、その伝え方は必ずしも客観性を持ってはいない)。ニュース以外にも、魔法生物のコラムが毎週水曜日に、クィディッチのリーグ内で行われた試合のトーナメントの得点の結果に基づくランキング付けや次の試合の予定表が掲載される。この記事には最新のマッチや、そのほかの興味のある出来事も含まれている。

魔法界では、ニュースにおいて政治的な報道をあまり必要としていない傾向がある(ただし、日刊予言者新聞の中に政治に関する記事がないという訳ではない)。小規模で部外者をあまり受け入れない集団である魔法使いは、大体同じ類の記事に興味を持つ:誰かが国際機密保持法を破っただとか、次のセレスティナ・ワーベック/妖女シスターズのコンサート情報など。

夕刊予言者新聞

夕刊予言者新聞は、日刊予言者新聞の夕方版の名前。おそらくこの版には日刊予言者新聞や日曜版予言者新聞と比べて様々な機能があると思われる。

日曜版予言者新聞

日曜版予言者新聞は、日刊予言者新聞の週末版の名前。おそらくこの版には日刊予言者新聞よりも多くの機能があると思われる。

内容

日刊予言者新聞の一般的な記事:

知られている役職

  • 編集者
  • セキュリティ担当
  • スポーツ紙面担当
  • リポーター
  • 写真家
  • 写真家アシスタント
  • クィディッチ特派員
  • 魔法生物チーフコンサルタント
  • 一般関係のアドバイス担当者
  • 法的問題のアドバイス担当者
  • 個人問題のアドバイス担当者
  • 医療関係のアドバイス担当者
  • 魔法問題のアドバイス担当者
  • 始めと締めの担当者

知られている職員

BarnabusCuffe

バーバナス・カフ

編集長

セキュリティ担当

スポーツ紙面担当

リポーター

RSkeeter

リータ・スキーター

アドバイス担当者

特派員

写真家

新聞販売業者

知られている記事

詳細は日刊予言者新聞の記事

Prisoner of Azkaban - Sirius Black

日刊予言者新聞のアズカバンからシリウス・ブラックが脱獄した記事

TheBoyWhoLies

日刊予言者新聞のハリー・ポッターヴォルデモート卿が復活したと嘘を語っていると非難した記事

Daily Prophet Voldemort Returns

日刊予言者新聞の名前を言ってはいけないあの人が復活した事を認めたした記事

Daily Prophet on Death Eaters attack on Millennium Bridge

日刊予言者新聞のロンドンにあるミレニアム橋死喰い人によって襲撃された記事

Snape Headmaster DP

日刊予言者新聞のホグワーツ校長セブルス・スネイプが任命された記事

ファイル:Dumbledore, Daft or Dangerous?.jpg

登場作品

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。