Fandom


912poaslytherinmed 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト

雑多な寄せ集めで、保護を求める弱い者、栄光のおこぼれに与りたい野心家、自分たちより洗練された残酷さを見せてくれるリーダーに惹かれた乱暴者ども 死喰い人の前身についてアルバス・ダンブルドア
死喰い人あるいはデス・イーターとは、ヴォルデモート卿の従者に与えられた呼び名である。このグループは主に闇の魔術に傾倒した過激な純血主義魔女や魔法使いで構成され、魔法法律をためらいなく放棄しそれを考慮することも恐れることもなかった。

ヴォルデモート卿はこの選ばれた魔法使いや魔女をエリート・グループとして採用し第一次および第二次魔法戦争の両方で利用した。彼らはよく黒いローブをまとい、顔を隠すためにヘビのような目の空いたマスクを被った。死喰い人の中枢に入った者ののみ左前腕に闇の印が焼き付けられた。ヴォルデモートがこの印に触れると死喰い人は皆それを感知し、指導者のもとに現れるサインとなっていた。

所属者

メンバー

名前 備考 状態
アレクト・カロー 第一次魔法戦争に参加しアズカバン行きを回避した。闇の帝王復活すると彼の配下に戻って第二次魔法戦争に参加し、天文台の塔の戦いで戦った。ヴォルデモートが魔法省掌握するとホグワーツ魔法魔術学校マグル学教授に就任した。彼女はこの職を利用して反マグル思想を広め生徒に暴力を振るった。ホグワーツの戦いで戦ったが、レイブンクローの塔ルーナ・ラブグッドに敗北した。 おそらく投獄か死亡
アミカス・カロー 第一次魔法戦争に参加しアズカバン行きを回避した。闇の帝王復活すると彼の配下に戻って第二次魔法戦争に参加し、天文台の塔の戦いで戦った。ヴォルデモートが魔法省掌握するとホグワーツ魔法魔術学校闇の魔術教授に就任した。彼はこの職を利用して反マグル思想を広め生徒に暴力を振るった。ホグワーツの戦いで戦ったが、ミネルバ・マクゴナガル服従の呪文をかけられ、ハリー・ポッター磔の呪文で拷問された。
アントニン・ドロホフ 第一次魔法戦争に参加しファビアンギデオン・プルウェット惨殺に関与した。第二次魔法戦争中、ドロホフはアズカバンから脱獄し神秘部で起きた戦いに参加した。1997年、ドロホフはトテナム・コート通りハリー・ポッターを捕獲することに失敗し主人に激しい罰を受けた。ホグワーツの戦いではリーマス・ルーピンを殺害し、その後フィリウス・フリットウィックに敗北した。
オーガスタス・ルックウッド 第一次魔法戦争中、神秘部無言者として魔法省で働き、ヴォルデモート卿にスパイとして仕えた。イゴール・カルカロフが自由と引き替えに情報を売ったためアズカバンに収監されたが、1996年に脱獄に成功した。神秘部の戦いに参加した後、再び収監された。1997年、大量脱獄が起きた際に再度逃げ出し、ホグワーツの戦いで戦った。 おそらく投獄
エイブリー1世 ヴォルデモート卿の最初期の死喰い人。トム・リドルと同時期にホグワーツに在学していた。 おそらく投獄か死亡
エイブリー2世 第一次魔法戦争で戦い、服従の呪文にかけられていたと主張してアズカバン行きを免れた。のちに闇の帝王復活した際にはその場に馳せ参じた。第二次魔法戦争中、彼は神秘部に侵入して戦いに参加した。1997年、エイブリーは他の死喰い人たちとともにアズカバンから脱獄した。
バーティ・クラウチ・ジュニア 第一次魔法戦争中、ヴォルデモート卿もっとも若い部下として仕えた。戦争終結後、彼はフランクアリス・ロングボトム拷問に加わってふたりの正気を失わせた。父親母親の要求により)の手によってアズカバンから連れ出され、第二次魔法戦争開始直前まで服従の呪文をかけられ家に監禁された。1994年のクィディッチ・ワールドカップに密かに現れ、スタジアム・グラウンドで暴動を起こす死喰い人たちに対してハリー・ポッターの杖を使って闇の印打ち上げた。ヴォルデモートによって監禁から解放されてからまもなく、闇の帝王の命令によって任務を課された。クラウチはポリジュース薬を使ってアラスター・ムーディに成り済ましてホグワーツ魔法魔術学校に潜入し三大魔法学校対抗試合に細工を施した。任務の中でクラウチはハリー・ポッターの名前を炎のゴブレットに入れ、父親を殺害し、ビクトール・クラムに服従の呪文をかけてセドリック・ディゴリーを拷問しフラー・デラクール失神させた。彼はまた、優勝杯移動キーにすり替えてハリー・ポッターをヴォルデモートの元に送り込んだ。その直後、吸魂鬼のキスを受けた。 魂の除去
ベラトリックス・レストレンジ 死亡
コーバン・ヤックスリー おそらく投獄か死亡
クラッブ
ドラコ・マルフォイ 脱退
エバン・ロジエール 脱退
ギボン
ゴイル おそらく投獄か死亡
ヘドウィグの殺害者
イゴール・カルカロフ 死亡
ジャグソン おそらく投獄か死亡
レストレンジ
ルシウス・マルフォイ 脱退
スナイド氏
スナイド夫人
マルシベール1世 おそらく投獄か死亡
マルシベール2世
ノット
ピーター・ペティグリュー 死亡
パイライテス (おそらく) 不明
ラバスタン・レストレンジ おそらく投獄か死亡
レギュラス・ブラック 死亡
ロドルファス・レストレンジ 不明 (2020年時点でアズカバン脱獄)
ロジエール おそらく投獄か死亡
セルウィン
セブルス・スネイプ 死亡
ソーフィン・ロウル おそらく投獄か死亡
トラバース
ワルデン・マクネア
ウィルクス 死亡

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。