Fandom


Severus in his classroom

魔法薬の先生、セブルス・スネイプ

魔法薬の先生[1](Potion Master)とは、ホグワーツ魔法魔術学校魔法薬学教授に与えられる肩書きである。魔法薬の先生は地下牢にある教室でホグワーツの生徒に魔法薬学を教えることと必要に応じて専門的な薬(マンドレイクの回復薬脱狼薬など)を調合することが仕事であった。教室の近くには「ウォーター・クローゼット」と揶揄されるオフィスが用意されていた。

スウープスティックスはかつて魔法薬の先生であった。ホラス・スラグホーンは少なくとも1920年ごろから1981年の引退までこの職を務め、その後セブルス・スネイプが引き継いだ。しかし1996年にスネイプが闇の魔術に対する防衛術教授に就任するとスラグホーンは再びこの職に復帰した。このとき、スラグホーンの希望により彼はガラテア・メリィソートが使っていた古いオフィスを使用し、スネイプはそれまでのオフィスを使い続けた。

登場作品

脚注

  1. ハリー・ポッターと賢者の石』第8章 魔法薬の先生(チャプター名が原書では「Potion Master」、日本語版では「魔法薬の先生」)
  2. https://www.pottermore.com/news/watch-the-new-trailer-for-new-mobile-game-harry-potter-hogwarts-mystery
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。