Fandom


T・M・リドルの日記とは、トム・マールヴォロ・リドル分霊箱に変えた白紙の日記である。それは1943年、トム・リドルがホグワーツ魔法魔術学校6年生だったときに起こり、初めて制作された分霊箱となった。ヴォルデモート卿が1981年に初めて倒れる前、日記は死喰い人ルシウス・マルフォイの手に渡り、彼はそれを密かに所有して1992年フローリッシュ・アンド・ブロッツにおいてジニー・ウィーズリーの手荷物に忍び込ませた。日記はその魔力によってジニーを支配し彼女に秘密の部屋を再び開けさせたが、1993年ハリー・ポッターによってバジリスクの牙で破壊された。

登場作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。